FC2ブログ
 
  

夕景のリューベック:評判のカルトッフェルケラーで美味しいディナー

2018年8月19日日曜日@リューベック/10回目

夕暮れのリューベックLübeckを散策しています。トラヴェ川Traveの畔から聖ペトリ教会St. Petri Kirche、大聖堂Dom zu Lübeck、聖エギディエン教会Ägidienkirche、カタリーネン教会Katharinenkirche、ヴィリー・ブラント・ハウスWilly-Brandt-Haus Lübeck、ヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeck、聖霊養老院Heiligen-Geist-Hospitalと散策してきました。

これから、配偶者のご推奨のレストラン、カルトッフェルケラーKartoffelkeller Lübeckでディナーをいただきます。カルトッフェルとはドイツ語でジャガイモのこと。名前の通り、ジャガイモ料理が評判のお店です。そして、配偶者はドイツのジャガイモが大の好物なんです。聖霊養老院の写真撮影から戻ったsaraiはお店の前で待つ配偶者と合流。もうお店の前のテラス席から雰囲気最高です。

2019062401.jpg



早速、店先を窺います。テラス席もよさそうですが、店内の様子も気になります。

2019062402.jpg



ちょっと、お店の中を覗いてみましょう。入り口を入ると、階段が地下に続いています。

2019062403.jpg



階下に降りてみると、そこはワイン蔵のような素晴らしい雰囲気の空間が広がっています。ここで食事をいただきましょう。

2019062404.jpg



仄暗い空間の中、奥まった席に落ち着きます。

2019062405.jpg



料理を注文して、美味しい料理を期待して、待ちます。周りの設えもなかなか可愛いです。

2019062406.jpg



これがドイツ風の雰囲気なのでしょうか。料理を待つ間も雰囲気が楽しめます。

2019062407.jpg



たまたま、お隣が日本女性二人。フランクフルト在住で、旅で来られたようです。何かお手伝いをと声をかけてくださいます。ヨーロッパ在住の日本人の皆さん、親切ですね。
上を見上げると、天井のアーチのボールトにも可愛いものがぶら下げてあります。見飽きない雰囲気です。

2019062408.jpg



まずはラインガウのリースリンクの白ワインが運ばれてきます。美しいリューベックの町に乾杯! よく冷えていて美味しいです。

2019062409.jpg



料理はスイス風のパンに盛った料理。もちろん、ジャガイモはたっぷり。お肉も野菜も満載で目玉焼きものっています。このお店の一押しの料理です。

2019062410.jpg



もうひとつもパン料理。これはメインがお魚ですが、それ以外はほぼ一緒ですね。とっても美味しく、いただきます。

2019062411.jpg



夕食を終えて、お店を出ると、まだ、夜9時前で空は明るく、ヤコビ教会の尖塔が空に向かって聳え立っています。

2019062412.jpg



ヤコビ教会の横のコーベルク広場Koberg Platzに出ると、さすがに広場の周りの建物は宵闇に包まれつつあります。

2019062413.jpg



コーベルク広場からブライテ通りBreite Straßeに出ると、船員組合の家「シッファーゲゼルシャフトSchiffergesellschaft」が薄暗い町の中の浮かび上がっています。

2019062414.jpg



このシッファーゲゼルシャフトの建物は1535年に建てられたもので、よほど老朽化しているのか、路地を挟んだ隣の建物から梁で支えられています。

2019062415.jpg



これがシッファーゲゼルシャフトの全景です。なかなか趣きのあるファサードです。現在はレストランとして使われています。

2019062416.jpg



シッファーゲゼルシャフトの前に近づくと、名前が記された看板が突き出しています。

2019062417.jpg



さて、シッファーゲゼルシャフトの横の路地、エンゲルスグルーベEngelsgrubeを下りていきます。

2019062418.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019062419.jpg



宵闇のリューベックの町を散策しながら、ホテルに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR