FC2ブログ
 
  

城崎温泉の旅:嵯峨野散策

雨の時期ですが、城崎温泉でほっこりしてきましょう。京都まで新幹線で行き、京都でひと遊びしていきます。京都駅で前から気になっていた京都名物の鯖寿司をゲット。老舗のいづうの高価な鯖寿司です。これは今日の夕食のお楽しみ。
ここからJRで嵐山に移動。今日はそこからトロッコ鉄道の旅を楽しみます。
これがJR嵐山駅に隣接する嵯峨トロッコ鉄道の嵯峨駅。トロッコ鉄道の始発駅です。

2019070101.jpg



しかし、ここからトロッコ鉄道に乗車するわけではありません。嵯峨野を少し歩いた後で、ひとつ隣の駅、トロッコ嵐山駅からトロッコに乗車します。トロッコ嵯峨駅で、窓ガラスのないオープン車両『ザ・リッチ号』(5号車)の席を予約しようと思っています。これは当日しか席の予約ができません。チケット売り場は海外の観光客であふれています。

2019070102.jpg



何とか、オープン車両の端っこの席をゲット。やはり、人気があるんですね。

さて、トロッコ嵯峨駅の外に出ると、SLが展示されています。D51です。

2019070103.jpg



さて、嵯峨野散策を開始。嵐山の渡月橋から続く主要道路に出ると、さすがに観光客で賑わっています。これから、竹林の道を歩きますが、風情もあったものではありません。saraiが愚痴を言うと、配偶者から、あなたもその観光客の一人でしょうって、たしなめられます。それはそうですが・・・。

2019070104.jpg



風情はありませんが、やはり、竹林の道は素晴らしいですね。

2019070105.jpg



竹林の道を進むと、野宮神社に出ます。ここでお詣りをして、旅の成功を願います。

2019070106.jpg



さらに竹林の道を進むと、天龍寺の北門の前に出ます。こんなところにも天龍寺の入り口があるんですね。

2019070107.jpg



天龍寺は外から中を窺うだけに留めます。天龍寺のお庭の竹林も見事ですね。

2019070108.jpg



竹林の道はこの先にハイライトとでも言うべき、素晴らしいポイントが待っています。

2019070109.jpg



続いて、大河内山荘があります。ちょっと気になりますが、ここはパス。その先にトロッコ嵐山駅があります。予約したトロッコ列車の出発まで1時間ほどあります。もう一周りしてきましょう。ほぼ50年ぶりに芭蕉ゆかりの地、落柿舎に行きます。昨年は奥の細道のゆかりの地を周りましたから、今日はその仕上げです。
御髪神社の前にある小倉池に出ると、何と半夏生の群落があります。思わぬところでいいものを見ることができました。

2019070110.jpg



池の反対側の端には蓮の花が見事に咲いています。

2019070111.jpg



落柿舎に到着。50年前に配偶者とともに訪れたときのイメージが蘇ります。あたりの雰囲気も変わりませんね。

2019070112.jpg



観光客で賑わう嵯峨野ですが、なぜか、この落柿舎は我々以外の人影は見当たりません。海外の観光客も芭蕉まではカバーしていないようです。貴重な日本の独自の文化なんですね。
これが落柿舎の本庵です。どんよりとしたお天気でしたが、この時、奇跡のようにさあーっと陽光が差します。まるで、芭蕉からの歓迎のあいさつのようです。

2019070113.jpg



縁先には、訪問客が感想を書く《落柿帳(らくがきちょう)》が置いてあります。ウィットがありますね。

2019070114.jpg



お庭には句碑が並んでいます。その傍らには、季節柄、紫陽花が美しく咲いています。

2019070115.jpg



受付で記念に芭蕉の嵯峨日記(解説付き)を求めます。嵯峨日記は芭蕉が落柿舎に長期滞在したときに記したものです。それまで我々以外には訪問客はいませんでしたが、ふらっと自転車に乗った欧米人がやってきます。ここがどういうところか、知らないようです。ちょっと話すと、芭蕉の名前も知らないようなので、日本の有名な詩人のゆかりの地だと紹介すると、見ていくことにしたようです。我々は外から、落柿舎の全景を眺めて、お別れします。

2019070116.jpg



嵯峨野散策の最後は常寂光寺です。もう、ほとんど時間がありません。

2019070117.jpg



外から見るだけでパスしようと思いましたが、配偶者の強い推しでちょっとだけ中を覗くことにします。
これは門から外を眺めたところ。なかなかいいアングルです。

2019070118.jpg



お寺の境内に入りました。美しい青もみじです。

2019070119.jpg



石段を上って、本堂に向かいます。

2019070120.jpg



本堂です。

2019070121.jpg



本堂からさらに上に登ると美しい多宝塔があります。

2019070122.jpg



近くで仰ぎ見ます。

2019070123.jpg



これで嵯峨野散策は終了。急いでトロッコ嵐山駅に駆け付けましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR