FC2ブログ
 
  

読響の実力が発揮されて、バルトークの難曲も余裕の演奏 ヘンリク・ナナシ&読売日本交響楽団@サントリーホール 2019.7.11

うーん、日本のオーケストラの実力もなかなかですね。バルトークの管弦楽のための協奏曲と言えば、オーケストラ能力の試金石みたいなものの一つですが、読響は余力を残した演奏。指揮者がもっと厳しい要求をしても応えられたでしょう。まあ、金管で問題もありましたが、弦楽アンサンブルの演奏能力は驚異的です。指揮者のヘンリク・ナナシはハンガリー出身ですから、お国ものとも言えるバルトークは音響的な面よりも音楽的な面を重視した指揮に思えました。ある意味、おとなしい演奏です。もしかしたら、指揮者のヘンリク・ナナシは読響に初めての客演で、少し、遠慮気味だったんでしょうか。いずれにせよ、なかなか素晴らしいバルトークに感銘を覚えました。とりわけ、この曲の肝とも思える第3楽章(管弦楽のための協奏曲は5楽章でいわゆるアーチ形の構造になっていて、その中心楽章が第3楽章)はバルトークらしい薄明を思わせる音楽ですが、その無気味な雰囲気がひたひたと伝わってきます。バルトークのオペラ《青ひげ公の城》を連想する味わいが素晴らしいです。さらに第5楽章のダイナミックで壮大な音楽作りも成功していたと思います。

前半のコダーイのガランタ舞曲もハンガリーのお国もの。チャルダッシュを思わせるロマ風の音楽がきびきびと切れがよく奏されました。好演です。
前半のもう一つのサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番ですが、フランスの新進気鋭のピアニスト、リュカ・ドゥバルグが華麗な演奏を聴かせてくれました。アンコールのサティも見事な演奏でしたから、フランスものの演奏には大いに期待が持てそうです。ラヴェルあたりを聴いてみたい逸材です。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ヘンリク・ナナシ
  ピアノ:リュカ・ドゥバルグ
  管弦楽:読売日本交響楽団 長原 幸太(コンサートマスター)

  コダーイ:ガランタ舞曲
  サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番 ヘ長調 作品103「エジプト風」

   《アンコール》 サティ:グノシエンヌ第1番

   《休憩》

  バルトーク:管弦楽のための協奏曲

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のコダーイのガランタ舞曲を予習したCDは以下です。

 イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団 1998年1月、ブダペスト、イタリアン・インスティテュート

イヴァン・フィッシャーの自在な指揮が光ります。決定的な演奏でしょう。


2曲目のサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番を予習したCDは以下です。

 パスカル・ロジェ、シャルル・デュトワ指揮ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団 1978年
 
パスカル・ロジェとシャルル・デュトワの息の合った演奏で素晴らしい音楽を奏でてくれます。サン=サーンスのピアノ協奏曲全集という価値もあります。


3曲目のバルトークの管弦楽のための協奏曲を予習したCDは以下です。

 イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団 1997年

イヴァン・フィッシャーのバルトークは格別です。自由奔放の中にバルトークへのシンパシーが感じられます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR