FC2ブログ
 
  

今日も絶好調、リゲティとシュトラウス・・・ジョナサン・ノット&東京交響楽団@サントリーホール 2019.7.20

何とも驚くべきプログラム。この内容だけでも聴くべき価値があるコンサートです。一言で言えば、チャレンジャブル。さすがに今日の客席には空席も目立ちましたが、そこは気にしないでノット&東響はこの路線で頑張ってほしいですね。多分、リゲティのレクイエムが今日のプログラムの肝ですが、ノットはリゲティのスペシャリストなので、それは当たり前として、他の曲を何にするか・・・ある意味、正反対とも思えるヨハン・シュトラウス2世はないでしょう。これは笑ってしまい、その上で凄いと感心します。リゲティとヨハン・シュトラウス2世ですよ、あなた! そして、最後の締めはR.シュトラウスです。これって、シュトラウスつながり? さらに生誕514年のタリス。これはノットと同じイギリス人だからかしら。東響の定期演奏会なのにオーケストラなしのア・カペラの合唱曲です。まさにジョナサン・ノットが凝りに凝ったプログラムです。これはウィーンでもなかなか聴けないプログラムです。こういうコンサートをやってくれるノットは得難い宝物だと信じています。

で、まずは人を食ったようなプログラムのJ.シュトラウスⅡの芸術家の生涯です。これは冒頭のオーボエ独奏の美しい演奏からして、通常のウィンナーワルツとは異なります。何という演奏でしょう。J.シュトラウスⅡが後期ロマン派の音楽に変身したような演奏が続きます。最後はめでたく普通の気持ちのよいウィンナーワルツに復帰します。今日のプログラムに合わせたスペシャルなJ.シュトラウスⅡの演奏でした。ノットの知的なアプローチに魅了されました。

次は最も期待したリゲティのレクイエムです。いやはや、これが本物のリゲティなんですね。東響コーラスと独唱者二人の素晴らしい歌唱です。ですが、さすがにCDで聴いたノット&ベルリン・フィルには及びません。一言で言えば、少し突っ込みが足りませんでした。その結果、戦慄を覚えるような演奏までには至りませんでした。もしかしたら、明日の川崎定期では物凄い演奏になるかもしれません。残念ながら、明日はバレエ公演を見るので、川崎定期には行きません。

後半のプログラムはタリスの40声の合唱曲で始まります。これは東響コーラスが期待以上の素晴らしい歌唱を聴かせてくれました。特にソプラノパートの美しい声の響きは圧巻でした。本場イギリスの合唱団にも優るとも劣らない素晴らしい歌唱です。こういう音楽が聴けるのもノットを音楽監督に招いた成果ですね。saraiはタリスは初聴きです。こんな素晴らしい音楽があったんですね。

最後はR.シュトラウスが若い頃に書いた《死と変容》です。これはまさに豊穣の響き。圧倒的なフィナーレは極美の世界。予習で聴いたチェリビダッケ&ミュンヘン・フィルと並び立つような美しさ。ジョナサン・ノット&東京交響楽団は着実に前進しています。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット
  ソプラノ:サラ・ウェゲナー
  メゾソプラノ:ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
  合唱:東響コーラス
  管弦楽:東京交響楽団  コンサートマスター:グレブ・ニキティン

  J.シュトラウスⅡ:芸術家の生涯 op.316
  リゲティ:レクイエム

   《休憩》

  タリス:スペム・イン・アリウム(40声のモテット)
  R.シュトラウス:死と変容 op.24


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のJ.シュトラウスⅡの芸術家の生涯を予習したCDは以下です。

 ヴィリー・ボスコフスキー指揮ウィーン・フィル 1958年、ウィーン、ゾフィエンザール セッション録音
 
ボスコフスキー、ウィーン・フィルとくれば、もう何も言うことのない美しい演奏。ただただ、その響きに心も体も委ねるだけ。


2曲目のリゲティのレクイエムを予習したCDは以下です。

 ジョナサン・ノット指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2001年
   カロリーネ・シュタイン(ソプラノ)、マルグリート・ファン・レイセン(メゾ・ソプラノ)、ロンドン・ヴォイセズ(合唱)

リゲティ・プロジェクトと題した5枚組のリゲティ作品集の中の一枚。リゲティが関わっただけに、ノットはベルリン・フィルと素晴らしい仕事を成し遂げています。


3曲目のタリスのスペム・イン・アリウムを予習したCDは以下です。

 タリス・スコラーズ(TALLIS SCHOLARS) 1985年 マートン・カレッジ・チャペル オックスフォード

いやはや、究極のア・カペラです。この上もなく美しい。ただ、それだけです。


4曲目のR.シュトラウスの死と変容を予習したCDは以下です。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル 1950年録音
 セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル 1979年2月17日 ヘラクレス・ザール、ミュンヘン ライヴ録音

フルトヴェングラーならでは演奏。誰にも真似できない魂の燃焼があります。
チェリビダッケはミュンヘン・フィルの首席指揮者に就任する直前の演奏。この4カ月後、チェリビダッケは正式にミュンヘン・フィルの首席指揮者に就任します。後のこのコンビの大躍進が確信できるような凄まじい演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR