FC2ブログ
 
  

小川典子、圧巻のラフマニノフ 上岡敏之&新日本フィルハーモニー交響楽団@ミューザ川崎シンフォニーホール 2019.7.28

今日はフェスタサマーミューザKAWASAKI2019のコンサートということで、本番に先立って、リハーサルが公開されます。先にプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」のリハーサル。当日直前のリハーサルですから、既に演奏は仕上がっています。さっと流して、指揮者の上岡敏之から知的なコメントが与えらえます。再練習なんてものはありませんね。続いて、今日のお目当ての小川典子がいつの間にか登場。リハーサルとは言え、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。配偶者に「これなら本番を聴いたも同然だね!」って言うと、配偶者は呆れて絶句。

で、本番の小川典子のラフマニノフはさらなる素晴らしさ。以前、京響とのラフマニノフの《パガニーニの主題による狂詩曲》も見事な演奏を聴かせてくれましたが、今日のピアノ協奏曲 第2番は完璧に難曲を弾きこなし、どのパッセージでも聴き手を魅了してくれます。響き、タッチ、切れ味、どれをとっても満足な演奏です。上岡敏之&新日本フィルハーモニー交響楽団も美しいアンサンブルで好サポート。特に抒情的な聴かせ所でピアノとオーケストラの協奏は圧倒的でした。演奏は第1楽章がとりわけ素晴らしく、そこで突っ込んで聴き入ってしまい、後は聴く側のsaraiがエネルギー切れ。復活したのは第3楽章の終盤。小川典子のピアノが熱く盛り上がります。ピアノ協奏曲を聴いたという実感で心が満たされました。小川典子のラフマニノフ、プロコフィエフは最高です。まさに期待通りの演奏に大満足。アンコールもラフマニノフ。練習曲《音の絵》は凄い演奏でした。

後半のプログラムはプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」組曲。新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を聴くのはずい分久しぶり。覚えている限りでは小澤征爾が指揮したときでした。少なくとも10年以上は前のことでしょう。指揮者の上岡敏之に至っては、多分、初聴きです。さすがに在京のメジャーオーケストラは素晴らしい演奏をしますね。ほかの日本のオーケストラと同様に弦楽アンアンブルが魅力的です。特に抒情的なシーンでの弦と木管の響きに魅了されました。ジュリエットのテーマのメロディーにほろっとなります。バレエなしで音楽だけですが、1時間近い演奏をだれずに聴けたのは演奏がよかったせいでしょう。でも、正直、バレエが見たくなりました。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:上岡敏之
  ピアノ:小川典子
  管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団  コンサートマスター:崔文洙

  ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番

   《アンコール》 ラフマニノフ:絵画的練習曲《音の絵》Op.39-1 ハ短調 アレグロ・アジタート

   《休憩》

  プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」組曲から
   モンタギュー家とキャピュレット家 (第2組曲)
   少女ジュリエット (第2組曲)
   ジュリエット (第3組曲)
   ロメオとジュリエット (第1組曲)
   僧ローレンス (第2組曲)
   タイボルトの死 (第1組曲)
   別れの前のロメオとジュリエット (第2組曲)
   ジュリエットの墓の前のロメオ (第2組曲)
   ジュリエットの死 (第3組曲)


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番を予習したCDは以下です。

 小川典子、オウェイン・アーウェル・ヒューズ指揮マルメ交響楽団 1997年5月 マルメ・コンサート・ホール

小川典子の会心の演奏です。素晴らしいピアノ、ほれぼれと聴き入りました。オーケストラのマルメ交響楽団も好演ですが、フォルテのところで音が濁ったのが残念です。録音はまあ、よい部類です。


2曲目のプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」組曲を予習したCDは以下です。

 リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団  2013年10月 シカゴ、オーケストラ・ホール ライヴ録音

やはり、シカゴ響はよい響きを聴かせてくれます。ムーティも万全の指揮。見事な演奏です。《ジュリエットの死》だけはゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団の全曲盤から抜き出して聴きました。何故か、ミックスしたのに違和感がありませんでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR