FC2ブログ
 
  

直球勝負の名曲アワー 原田慶太楼&NHK交響楽団@ミューザ川崎シンフォニーホール 2019.8.3

今日もフェスタサマーミューザKAWASAKI2019のコンサートです。NHK交響楽団と初顔合わせの原田慶太楼と人気ピアニストの反田恭平の登場です。この二人はsaraiも初聴きです。ただ、今日のプログラムは有名曲を並べた名曲アワーなのが少々、残念ではあります。

今日は本番に先立って、30分間の室内楽コンサートがあります。木管3重奏(オーボエ、クラリネット、ファゴット)と弦楽四重奏です。フェスタサマーミューザらしいお楽しみです。

さて、本番が始まります。最初はヴェルディの歌劇「運命の力」序曲です。おっ、いきなり、強い響きの金管です。原田慶太楼の思い切った表現です。結局、そのまま、なかなかよい演奏になりました。原田慶太楼の指揮は若さにあふれたものでそのストレートな表現には好感が持てます。むしろ、初顔合わせのN響がその原田慶太楼の指揮に敏感に反応できていない印象で、その面が残念です。
2曲目は反田恭平のピアノでガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー。反田恭平のピアノはよく響き、鋭い演奏で見事です。ただ、ガーシュウィンらしい切れが少し物足りない感じが残ります。アメリカのジャズ的な要素を除けば、万全の演奏ではありました。予習で聴いたマイケル・ティルソン・トーマスのピアノがあまりに素晴らし過ぎたので、つい、それと比較してしまいます。これはちょっと酷だったかもしれません。オーケストラは弦が少し物足りません。金管は万全でした。

後半はまさに名曲アワー。次から次へと有名曲が流れます。最後のエルガーの行進曲「威風堂々」 第1番の冒頭の雄々しい演奏が素晴らしいです。中間部のあの美しい旋律に精彩を欠いたのが残念ですが、とてもダイナミックな演奏で最後をしめました。

原田慶太楼の直球勝負の若々しい指揮に好印象を覚えました。諸所に見られたティーレマンのような指揮も微笑ましいですね。これからの活躍が楽しみな人です。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:原田慶太楼
  ピアノ:反田恭平
  管弦楽:NHK交響楽団  コンサートマスター:伊藤亮太郎

  ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
  ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

   《アンコール》 ショパン:ワルツ第6番 変ニ長調 Op. 64-1 「子犬のワルツ」

   《休憩》

  ボロディン:歌劇「イーゴリ公」から だったん人の踊り
  ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
  ブラームス:ハンガリー舞曲集から 第1番、第5番、第6番
  エルガー:行進曲「威風堂々」 第1番 Op.39-1

   《アンコール》
     ヒナステラ:バレエ音楽「エスタンシア」組曲Op. 8a から「マランボ」


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のヴェルディの歌劇「運命の力」序曲を予習したCDは以下です。

 ジュゼッペ・シノーポリ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1983年11月 ウィーン

いやあ、ほれぼれとする演奏ですね。シノーポリの颯爽とした指揮が目に浮かびます。それに何と言っても、ウィーン・フィルの響きが素晴らしいです。一度、ウィーンのシュターツオーパーで「運命の力」を聴いたことがありますが、そのときのオーケストラの素晴らしい演奏を思い出しました。と言っても27年前のことです。この録音はさらにその9年前ですね。


2曲目のガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを予習したCDは以下です。

 マイケル・ティルソン・トーマス(ピアノ&指揮)ニュー・ワールド交響楽団 1997年1月26ー27日、フロリダ、フォートローダーデール、ザ・プロワード・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ

マイケル・ティルソン・トーマスはピアノも指揮も最高です。これでこそ、ガーシュウィン。バーンスタイン盤を上回る(かもしれない)会心の演奏です。それにしても、MTTのピアノは上手過ぎる。


3曲目のボロディンの《だったん人の踊り》を予習したCDは以下です。

 ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団/フィラデルフィア・メンデルスゾーン・クラブ合唱団 1971年1月13日 フィラデルフィア、スコティッシュ・ライト・カテドラル

それほどの思い入れはなくて、聴きましたが、驚くほど素晴らしい演奏。音質もいいです。オーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団のイメージが変わりました。これから、注目して聴くべきコンビです。


4曲目のラヴェルの《亡き王女のためのパヴァーヌ》を予習したCDは以下です。

 シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団  1962年

いい演奏ではありますが、期待したほどの出来ではありません。


5曲目のブラームスのハンガリー舞曲集を予習したCDは以下です。

 イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団 1998年11月 ブダペスト、イタリアン・インスティテュート

イヴァン・フィッシャーの超個性的な表現を期待して聴きましたが、意外に正統的で重厚な演奏。それはそれで見事な演奏です。


6曲目のエルガーの行進曲「威風堂々」 第1番を予習したCDは以下です。

 ジュゼッペ・シノーポリ指揮フィルハーモニア管弦楽団 1991年2月 ワトフォード・タウンホール

イギリス人ではないシノーポリですが、その外連味のない表現は見事で、この有名な作品を熱い演奏で聴かせてくれます。聴いている自分がイギリス人になったような錯覚させ覚えさせる素晴らしい演奏。大満足です。やはり、シノーポリの音楽性は直線的です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR