FC2ブログ
 
  

今年のヨーロッパ遠征・・・予習開始、クルレンツィス&ムジカエテルナののモーツァルトのオペラ《フィガロの結婚》

今年のヨーロッパ遠征の準備中です。事前に予約すべきものはすべて完了。
手術後の体調も徐々に戻りつつあります。猛暑のため、自宅でエアコンをつけっぱなしで、自重しているので、あと3週間で何とか旅に出られるような体力に回復する予定です。

予習ですが、配偶者は忙しいので、間に合わないかもしれないので、旅先で聴くから準備してと言われています。それでは、重要な曲目から予習を始めましょう。
まずは、クルレンツィス&ムジカエテルナのモーツァルトのオペラ、ダ・ポンテ3部作を聴いていきましょう。もちろん、クルレンツィス&ムジカエテルナのCDを聴きます。

今日はオペラ《フィガロの結婚》。

キャストは以下です。

 アンドレイ・ボンダレンコ(バス・バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)
 ジモーネ・ケルメス(ソプラノ:伯爵夫人ロジーナ)
 クリスティアン・ヴァン・ホルン(バス・バリトン:フィガロ)
 ファニー・アントネルー(ソプラノ:スザンナ)
 マリー=エレン・ネジ(メゾ・ソプラノ:ケルビーノ)
 マリア・フォシュストローム(メゾ・ソプラノ:マルチェリーナ)
 ニコライ・ロスクトキン(バス:バルトロ)
 クリスティアン・アダム(テノール:ドン・バジーリオ)
 ムジカ・エテルナ(ピリオド楽器オーケストラと合唱団)
 テオドール・クルレンツィス(指揮)

 録音時期:2012年9月24日~10月4日
 録音場所:ペルミ国立チャイコフスキー・オペラ&バレエ劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

オペラですから、本来は映像付きがよいのですが、《フィガロの結婚》だと、CDで聴いていても、映像が頭に浮かびます。saraiのお気に入りの3大オペラの一つですからね。実演でも10回以上は聴いています。
で、肝心の演奏ですが、予想通り、序曲からきびきびしたテンポで展開していきます。素晴らしいのは、音楽が活き活きしていて、CDでありながら、実演を聴いている感覚に陥ることです。それにオーケストラの演奏だけでなく、アリアの歌わせ方がとても見事です。ケルビーノの2つのアリア、フィガロの《もう飛ぶまいぞ、この蝶々》、伯爵夫人ロジーナの第3幕のアリア、スザンナのアリアと伯爵夫人とのデュエットなど、とりわけ、有名アリアが素晴らしいです。ずっと聴き惚れていましたが、やはり、フィナーレでアルマヴィーヴァ伯爵が『Contessa,perdono!』と伯爵夫人に許しを乞う歌唱では、強い感銘を受けて、うるっとします。この後、伯爵夫人が『Più docile io sono, e dico di sì.』と優しく許しを与えると、もう、たまりません。saraiの感情が崩壊します。その後のトゥッティも素晴らしいです。もう天国の世界です。そして、トゥッティがそのまま、テンポアップして、勢いよく、素晴らしいオペラを締めます。この実演を聴いたら、オペラ終了後、しばらく、立てなくなりそうです。ルツェルン音楽祭の本番はコンサート形式ですが、そんなことは関係ありません。究極のオペラが聴けそうです。長年、ヨーロッパ遠征してきて、音楽を聴いてきた集大成になるでしょう。

ルツェルン音楽祭でのキャストは以下です。(日本語のみの表示はCDと同一キャスト)

 アンドレイ・ボンダレンコ(バス・バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)
 Ekaterina Scherbachenkoエカテリーナ・シチェルバチェンコ La Contessa di Almaviv
 Alex Espositoアレックス・エスポジト Figaro
 Olga Kulchynskaオルガ・クルチンスカ Susanna
 Paula Murrihyポーラ・マリヒー Cherubino
 Daria Telyatnikovaダリア・チェリャトニコヴァ Marcellina
 Evgeny Stavinskyエウゲニ・スタビスキー Bartolo
 クリスティアン・アダム(テノール:ドン・バジーリオ)
 Danis Khuzin Don Curzio
 Fanie Antonelouファニー・アントネルー Barbarina (CDではスザンナを歌っていた)
 Garry Agadzhanyanガリー・アガザニアン Antonio

気になる歌手は伯爵夫人を歌うエカテリーナ・シチェルバチェンコ。ボリショイ劇場でタチアーナを歌っていた人で透明な声の響きとのこと。期待できます。あと、スザンナを歌うオルガ・クルチンスカは今売り出し中のバリバリの若手とのこと。これも期待できますね。

ところで、音楽の予習スタイルはノートPCが中心です。CDの音楽データをいったん、Synologyのネットワーク接続ストレージ (NAS) 2台の総容量30TBのRAID構成のHDDに格納し、そのデータをノートPCにWIFIで飛ばします。ノートPCではKORGの音楽ソフトAudioGate4でデータ処理し、オーディオシステムに接続したUSBオーディオのDS-DAC-10Rに送り込み、ハイレゾの品質で音楽を再生します。オーディオシステムはプリアンプがQUAD33、パワーアンプがQUAD606、スピーカーはTANNOYのEdinburghです。アンプは本来、真空管アンプのQUAD22とQUADⅡですが、電源が故障していて、今は修理待機中です。なかなか時間が取れなくて、修理できていません。
オペラの場合はノートPCで再生しながら、ネットの対訳のページを見ながら、聴きます。このシステムで今のところ、気持ちよく、オペラを予習しています。映像は必ずしも必要ありません。必要なのは初見のオペラくらいですね。

続けて、ダ・ポンテ3部作を聴いていきます。

予習を続けながらも、旅の準備作業も続けています。まずは各地のホテルの空港や駅からのアクセスをGOOGLEマップを使用して、まとめています。ウィーンの最初のホテル()と最後のホテル()は空港からの電車移動も含めて、完了。次はグラーツとスイスのホテルにとりかかります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

       クルレンツィス,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR