fc2ブログ
 
  

今年のヨーロッパ遠征・・・ホテルのアクセス方法をチェック

今年のヨーロッパ遠征の準備中です。今日はオペラ・コンサートの予習は一休み。とは言え、クルレンツィス&ムジカエテルナのモーツァルトのオペラ、ダ・ポンテ3部作のキャストが気になって、チェックします。ルツェルン音楽祭とウィーン・コンツェルトハウスのキャストはチェチーリア・バルトリ以外はすべて同じ。CDで歌っていた歌手が一部、参加していますが、基本的には、新しいキャストに変わっています。CDは2012年~2014年に録音されたので、5年から7年経っているので、それはそうでしょう。キャストの内容は既にアップ済の記事に書き加えました。興味のあるかたは覗いてみてください。

今日はホテルの場所を確認しながら、アクセスのしかたをまとめます。今回、宿泊するホテルは計14のホテルです。結構な作業になります。
イスタンブールのホテルはターキッシュエアラインが無料で1泊分を提供してくれた4つ星ホテル。既に空港シャトルバスの旧市街バスターミナルからの歩き方はチェック済です。

 GRAND YAVUZ SULTANAHMET(グランドヤウスホテル ス​​ルタンアフメット)

ウィーンは前半と後半の2回、宿泊します。最初のホテルはいつものホテルが満室だったので、そのお隣のホテルにしました。ですから、このホテルの場所は熟知しています。空港からはSバーンでレンヴェーク駅まで移動して、徒歩すぐです。

 Austria Trend Hotel Savoyen Vienna (オーストリア トレンド ホテル サヴォイェン ウィーン)

後半はあえて別のホテルにしてみました。ウィーン・ミッテ駅の近くなので、SバーンかCATで移動します。駅から徒歩5分ほどです。

 Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien(メルキュール グランド ホテル ビーダーマイアー ウィーン)

ここまでは勝手知ったるウィーンだから簡単です。
次はグラーツ。何と初めての訪問です。駅近くのホテルにしたので、ここも駅からは簡単にアクセスできます。

 Hotel Strasser(ホテル ストラセル)

次はルツェルン。ここは前回と同じホテルにしようとしましたが、満室のため、そのホテルの近くにします。ですから、土地勘はあります。駅前から、頻繁にバスも走っているので、荷物のあるときや疲れたときはバス利用。ロイス川沿いに歩いても駅からは15分くらいです。眺めのよい道なので、ぶらぶら歩くのもありです。

 Star Vacation Homes Lucerne (スター バケーション ホームズ ルツェルン)

次はヴヴェイ。レマン湖畔の町です。小さな町なので、アクセスは簡単。バスも走っているので、荷物のあるときはバスを利用します。

 Hostellerie de L'Hôtel de Ville (オステルリー ドゥ ルホテル ドゥ ヴィル)

次はもうフランス。まずはリヨン。前回は駅前にしましたが、ここも満室。今回はソーヌ川とローヌ川に挟まれた旧市街のホテルにしました。駅からはメトロを2路線乗り継いで移動し、ベルクール駅からは500mほど歩きます。ホテルの北にはリヨンの美食店が建ち並びます。そう、それが目的なんです。

 Best Western Lyon Saint-Antoine(ベストウエスタン リヨン サン-タントワーヌ)

次はカルカソンヌ。あえて、駅前ではなく、城塞都市ラ・シテの城壁の中にあるホテルにしました。中世の雰囲気を味わいたかったからです。しかし、これが難物。バスは1時間に1本くらいしかなく、駅前のタクシーも少ないようです。また、城塞内の石畳の道を重い荷物を引いて歩くのもなんですね。もちろん、城塞内には車は入れません。これは困った。仕方がなく、ホテルにアクセス方法を尋ねるメールを書きました。もし、ちゃんと返事が来れば、それに従いましょう。というところで時間を取られ、今日はここまで。

 B&B La Demeure De La Cite (ラ ドミュール ド ラ シテ)


なかなか、旅の準備も大変です。残りのホテルはフランス各地(一つは国境近くのスペインの町)の6つのホテル。パリ以外は土地勘がない初めての町なので、まだまだ、面倒です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR