FC2ブログ
 
  

ジョナサン・ノット&東京交響楽団、衝撃の《グレの歌》 新境地のドロテア・レシュマン、驚異の山鳩=オッカ・フォン・デア・ダムラウ@ミューザ川崎シンフォニーホール 2019.10.5

やはり、ジョナサン・ノットが振る《グレの歌》は凄かった。ノットが振ると、こうなるのか! ノットのシェーンベルクは凄い。第1部はドロテア・レシュマンが最高のトーヴェを歌ってくれたし、藤村実穂子の代役のオッカ・フォン・デア・ダムラウが藤村実穂子に勝るとも劣らない山鳩を歌ってくれたので、歌手陣の活躍が目立ちましたが、もちろん、ジョナサン・ノット&東京交響楽団の演奏が素晴らしかったのは当たり前。しかし、ジョナサン・ノットが本当に凄かったのは第3部の終盤の夏風の荒々しい狩(Des Sommerwindes wilde Jagd)においての音楽表現です。初めて、この《グレの歌》の本質の一端が分かったような気がしました。凄惨とも思える物語の最後にカタルシスという位置づけなのでしょうが、音楽表現としても実に清々しく、saraiの心に響いてきました。何だか、バッハのマタイ受難曲の終盤の清々しさに通じるものを感じました。感動というのとも違いますが、深く心の奥底に刻み付けられるような美しい音楽に魂が揺り動かされました。サー・トーマス・アレンのシュプレヒ・シュティンメの語りはそのシンプルで力強い表現が一際光ります。その語りとオーケストラのサポートがぴったり合わさって見事な音楽に昇華していました。さらに東響コーラスの力強くて、清冽な合唱が続き、最後は精度の高いオーケストラ演奏で締め。ジョナサン・ノットの素晴らしい構成力・解釈で最高のシェーンベルクが聴けました。

歌手では前述した通り、ドロテア・レシュマンの音楽性高い歌唱に感動しました。このトーヴェ役は音楽表現・テクニック・発声が難しくて、これまで満足した歌唱はありませんでしたが、初めて、レシュマンの歌唱で素晴らしいトーヴェを聴きました。そして、オッカ・フォン・デア・ダムラウの山鳩はその深々とした美声で予想だにしない素晴らしい歌唱を聴かせてもらいました。ここまで歌えるのは藤村実穂子くらいしかいないでしょう。これも深い感銘を受けました。ヴァルデマール役のトルステン・ケールも余裕の歌唱でした。しかし、まだ、伸びしろがありそうです。アルベルト・ドーメンとノルベルト・エルンストも深い響きの歌唱を聴かせてくれました。

素晴らしい《グレの歌》でしたが、今日の演奏をばねにして、明日はこれ以上の演奏が期待できそうです。もちろん、明日も聴きますよ。最終結論は明日、書きましょう。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット
  ヴァルデマール:トルステン・ケール
  トーヴェ:ドロテア・レシュマン
  山鳩:オッカ・フォン・デア・ダムラウ *
  農夫:アルベルト・ドーメン
  道化師クラウス:ノルベルト・エルンスト
  語り:サー・トーマス・アレン
  合唱:東響コーラス
  合唱指揮:冨平恭平
  管弦楽:東京交響楽団

  シェーンベルク「グレの歌」 第1部の後で休憩


なお、予習はしていません。今年、3回目の《グレの歌》ですからね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR