fc2ブログ
 
  

ハンブルク街歩き・・・ハンブルク港巡りのクルーズ(5)

2018年8月20日月曜日@ハンブルク/21回目

ハンブルクHamburgの港巡りのクルーズ中です。パークハーフェンParkhafenからヴァルタースホーファー・ハーフェンWalterhofer Hafenに抜けながら、日本の商船三井の新鋭大型コンテナ船《MOL TRIUMPH》を始め、世界のコンテナ船を間近に眺め、不思議なことに大きな感銘を受けました。saraiは基本、最新のテクノロジー好きで分野は問いません。
コンテナの積み下ろし施設を抜けて、港の別の区画に入ります。自動車橋の下を通り抜けます。

2019101601.jpg



ルーゲンベルガー・ハーフェンRugenberger Hafenに入りましたが、ここは行き止まりになっています。あれっと驚きます。どこに向かうんでしょう。

2019101602.jpg



遊覧船はまっすぐ、岸辺の壁に向かっていきます。

2019101603.jpg



岸辺の壁がどんどん迫ってきます。

2019101604.jpg



あれあれ、どうするんだろう。

2019101605.jpg



遊覧船が停止します・・・。岸辺の壁に異変が!

2019101606.jpg



ややっ、岸辺の壁がぽっかりと割れてきます。何とこんなところに水門があります。

2019101607.jpg



水門が完全に開きます。運河にあるような水位調整用の閘門(こうもん:ロック)だったんです。

2019101608.jpg



開いた閘門に向かって、遊覧船が進んでいきます。まさか、港湾内でこういうことになるとはね。

2019101609.jpg



閘門内に入っていきます。

2019101610.jpg



閘室内に収まります。

2019101611.jpg



振り返ると、今、入ってきた閘門がまだ開いていて、その向こうにはルーゲンベルガー・ハーフェンが広がっています。

2019101612.jpg



その閘門扉が閉まり始めます。

2019101613.jpg



閘門扉がほぼ閉まります。

2019101614.jpg



前方の閘門扉はまだ閉まったままで、水位調整中。

2019101615.jpg



やがて、閘門扉が開きます。大して水位調整はありませんでした。水位差は時間によって変わるのでしょう。

2019101616.jpg



遊覧船は閘室を出ていきます。

2019101617.jpg



ケールブランド運河Köhlbrand Kanalに出ます。この運河はエルベ川が2つに分かれた北側と南側の2つの流れを結ぶものです。運河には高い橋、ケールブランド橋Köhlbrandbrückeが架かっています。446フィートの高さを誇り、1974年に建造されました。現在は大変な交通量なのだそうです。

2019101618.jpg



遊覧船はケールブランド運河を一気に横切って、橋の下をくぐり抜けて、ロス運河RoßKanalに入っていきます。ケールブランド運河は既に後ろの風景と化しました。港湾内にはこういう運河が網の目のようにあります。

2019101619.jpg



遊覧船は穏やかなロス運河の中を進んでいきます。運河の両岸は緑に包まれています。

2019101620.jpg



多彩なハンブルク港巡りクルーズはさらに続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR