fc2ブログ
 
  

ハンブルク街歩き・・・ハンブルク港巡りのクルーズ(7)

2018年8月20日月曜日@ハンブルク/23回目

ハンブルクHamburgの港巡りのクルーズ中です。
最初にここまでのハンブルク港巡りについて、地図でふりかえっておきましょう。

2019101801.jpg



出航地のザンクト・パウリ桟橋St. Pauli Landungsbrückenの前を通り過ぎて、エルプフィルハーモニー・ハンブルクElbphilharmonie Hamburgに向かっています。
右手にはハーバーテアターTheater im Hafenが見えます。ここではウォルトディズニーのライオンキングの公演が2001年からずっと続けられています。チケットのソールドアウト状態が続いているそうです。大当たりですね。劇場の客席は2400席もあるのに、ソールドアウトの状況だそうです。

2019101802.jpg



左手には、キャプ・サン・ディエゴ号Cap San Diegoの美しい船体が見えてきます。現在は船の博物館Museumsschiffになっています。

2019101803.jpg



さあ、エルプフィルハーモニー・ハンブルクが近づいてきます。

2019101804.jpg



このコンサートホールはかっての赤レンガ倉庫(1960年代)の上に波型の全面ガラス張りの建物を乗せた2重構造のものです。帆船をイメージしたデザインです。

2019101805.jpg



ザンクト・パウリ桟橋は既にかなり後方に見えています。

2019101807.jpg



エルプフィルハーモニー・ハンブルクの正面というか、帆船をイメージすると側面に出てきます。ハンブルクっ子からはエルフィElphiの愛称で呼ばれているそうです。9階から20階まではウェスティンホテルの244室の客室があります。西側(左側)の上層階には45戸の贅沢なアパートメントがあります。こういうところに住んでみたいですね。正式なオープンは2017年1月でした。

2019101808.jpg



遊覧船はさらにエルプフィルハーモニー・ハンブルクに近づいていきます。

2019101809.jpg



遊覧船は向きを変えて、エルプフィルハーモニー・ハンブルクから去っていきます。考えてみれば、シーズンオフなので無理ではありましたが、一度、ここでコンサートを聴いてみたかったところです。音響がよいと評判です。ここを本拠地とするのはNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(NDR Elbphilharmonie Orchester)、昔の北ドイツ放送交響楽団(NDR Sinfonieorchester Hamburg)です。かってはフルトヴェングラーやシュミット=イッセルシュテットが名演を残し、近年はギュンター・ヴァントと素晴らしいブルックナーの交響曲を演奏しました。また、素晴らしいコンサートホールでNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団が飛躍することを祈りましょう。

2019101810.jpg



ずっと、この美しくてモダンな建物に見入っていました。

2019101811.jpg



夕陽を浴びて、きらきら輝く建物が遠ざかっていきます。

2019101812.jpg



何という荘厳な美しさでしょう。

2019101813.jpg



エルプフィルハーモニー・ハンブルクと水路を隔てて、左側には赤レンガ倉庫群が見えています。

2019101814.jpg



左手の手前には遊覧船のミシシッピー・クイーン号が停泊しています。

2019101815.jpg



エルプフィルハーモニー・ハンブルクがだんだん小さくなっていきます。

2019101816.jpg



キャプ・サン・ディエゴ号Cap San Diego(船の博物館Museumsschiff)が係留されている埠頭への通路であるユーバーゼー橋Überseebrückeの前を通過します。

2019101817.jpg



エルプフィルハーモニー・ハンブルクがどんどん遠ざかります。

2019101818.jpg



キャプ・サン・ディエゴ号Cap San Diego(船の博物館Museumsschiff)の前を通過。

2019101819.jpg



リックマー・リックマース号Museumsschiff Rickmer Rickmersが見えます。この大型帆船は船の博物館やレストランになっています。

2019101820.jpg



ザンクト・パウリ桟橋が近づいてきます。広い歩道橋の先の高台には、Uバーンのランドゥングスブリュッケン駅Landungsbrückenも見えています。

2019101821.jpg



クルーズの終わりにお熱いカップルもいますね。

2019101822.jpg



さあ、桟橋に到着します。

2019101823.jpg



ハンブルク港巡りの遊覧船でハンブルクの港の凄さをたっぷりと拝見しました。エルプ・フィルハーモニーの超モダンな建物、そして、世界の海運事業の凄さを見せつけられたクルーズでした。

地図でクルーズのコースをおさらいしておきましょう。実所要時間は1時間10分ほどのクルーズでした。

2019101824.jpg



クルーズの後はエルベ川の岸辺を少し散策します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR