FC2ブログ
 
  

エリカの群落:ウンガローから馬車でヴィルゼーデへ

2018年8月21日火曜日@リューネブルガーハイデ/3回目

エリカの花の群生を見るために、北ドイツのリューネブルガーハイデLüneburger Heideの中心地ウンデローUndelohまでやってきたところです。ここからエリカの大群生地を目指して、ヴィルゼーデWilsedeに向かうことにします。そのために馬車の便を探します。バスを降りたすぐ横にも馬車屋さんがあります。

2019102501.jpg



ヴィルゼーデWilsedeまで13ユーロ(往復?)と書かれています。

2019102502.jpg



馬車は既にスタンバイしています。まだ、席もガラガラに空いていますね。これに乗ってもいいのですが、ヴィルゼーデからの帰りがどうなるかなどの詳細も分からないので、いったん、ここは保留しましょう。

2019102503.jpg



通りを見渡すと、色んな施設が建ち並んでいます。ここあたりの観光の拠点のようです。

2019102504.jpg



さっき降りたシャトルバスの反対方向のバス停でバスを待つ人たちがいます。

2019102505.jpg



すぐにシャトルバスがやってきます。さっきのバスと同様に荷物車を連結しています。自転車などを乗せられるようです。

2019102506.jpg



テラス席のあるカフェ・レストランが目に入ります。お昼過ぎに時間があれば、ここでランチしてもよさそうですね。

2019102507.jpg



まだ、バス停近くの馬車屋さんの前でうろうろしていますが、そろそろ、saraiが事前に下調べしたホテルや馬車乗り場を探しに行きましょう。

2019102508.jpg



少し歩くと、素敵な小径があります。こちら方向だと見定めて、その小径に入っていきます。

2019102509.jpg



小奇麗な場所に出ます。が、馬車屋さんがありそうな気配はありません。Bildungszentrum Undelohという宿泊研修施設のようです。

2019102510.jpg



さらに小径の先を進みます。

2019102511.jpg



気持ちのよい小径が続きますが、だんだん、道が分からなくなってきます。

2019102512.jpg



結局、道に迷う前に先ほどのところに戻ります。馬車が出発する予定時間も迫ってきます。とりあえず、最初の馬車屋さんと話してみることにします。フェリエンホーフ・ハインズFerienhof Heinsという宿屋さん兼馬車屋さんです。

2019102513.jpg



ちょっと悩みつつ、通じない英語(お互い、頼りない英語です。馬車屋さんは英語の話せる人を探してくれますが、それほど英語が話せるわけではありません。)で交渉しますが、予定している2時のバスには間に合うようにウンデローに戻ってくるとのことなので、ここの馬車に乗ることに決断します。指示された2頭立ての大型馬車に乗り込みます。乗り込む席も後ろの席を指定されます。前の席は空席で、先客は二人だけです。

2019102514.jpg



5分ほどすると、すぐに団体客の貸し切りバスが到着し、大勢の老人の団体が降りてきて、我々の馬車に乗り込みます。

2019102515.jpg



我々の馬車(23人乗り)はすぐに満席になります。一席の余裕もありません。道理で、席を指定されたわけです。

2019102516.jpg



まだ、馬車に乗り切れない人がいますが、もう1台の空の馬車が登場。

2019102517.jpg



この馬車もきっちり満席になります。どうやら、我々は予約なしの最後の2席を割り当てられたようです。ま、エリカの丘に連れて行ってくれるならば、どの馬車でもOKです。満席で乗れなかったことを思えば、幸運だったと言えるのかもしれませんね。
さあ、2台の大型馬車は出発です。2頭の馬が大型馬車を力強く引っ張っていきます。

2019102518.jpg



出発です。馬車はバス道路を少し進み、4つ角に差し掛かります。ここで左に折れて、南進していけば、ヴィルゼーデに向かうようです。

2019102519.jpg



こちらはバス道路。先ほどトシュテット駅Tostedtからシャトルバスが走ってきた道です。

2019102520.jpg



長閑な村の中の道を馬車はゆっくり進んでいきます。

2019102521.jpg



大きなショップの建物の前を通過。ずい分、観光客向けのお店が多いですね。なかなかの観光地です。

2019102522.jpg



馬車はまだ、ウンデローの村の中の道を進んでいます。ヴィルゼーデまではまだ30分以上はかかるようです。ゆっくりと馬車の旅を楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR