fc2ブログ
 
  

エリカの群落:馬車の御者さんの大サービスでエリカの大群落の前に

2018年8月21日火曜日@リューネブルガーハイデ/8回目

エリカの花の群生を見るために、北ドイツのリューネブルガーハイデLüneburger Heideに来ています。ヴィルゼーデWilsedeの近くのトーテングルンドTotengrundの見晴台で美しいエリカの大群生を見た後、再び、馬車に乗って、ウンデローUndelohに戻るところです。帰りは、元来た道とは別の道を戻ります。馬車からは遠くに放牧中の羊の群れを眺められます。

2019103001.jpg



行く手には荒野が広がります。

2019103002.jpg



しばらく進むと、来たときのルートよりずっとエリカが咲いています。

2019103003.jpg



あれっと思っていたら、エリカが満開の大群落の前に出ます。

2019103004.jpg



往路とはルートを変えて、エリカの群落に案内してくれるとは、大サービスですね。御者さんも自慢げに馬車を止めて、撮影タイムです。

2019103005.jpg



散策する人たちもウキウキしています。エリカを眺めるためのベンチもあちこちに設置されています。みなさん、大いに楽しんでいます。

2019103006.jpg



毎日、咲きっぷりが同じではないでしょうから、その日の最高の場所に連れて行くのかもしれませんね。当初乗るつもりだった馬車は一般客を運ぶもので、行きはよいよいですが、帰りはどうなるか分からないというものだったので、たまたまですがこのツアーに紛れ込めたのは、ラッキーだったかもしれません。それにしても素晴らしいエリカの群落です。

2019103007.jpg



しばらく、このエリカの大群落をじっと眺めていました。

2019103008.jpg



やがて、馬車はこのエリカの群落から出発。すぐに森の中の道に入ります。雰囲気のよい道です。

2019103009.jpg



森の木々は青空に向かって、すっくと立ち上がっています。

2019103010.jpg



木々の茂る森の中を馬車はゆっくりと走り抜けていきます。

2019103011.jpg



やがて、森を抜けて、広い通り、ヴィルゼダー通りWilseder Straßeに復帰します。

2019103012.jpg



ヴィルゼダー通りに入った馬車はすぐにウンデローの村に入っていきます。

2019103013.jpg



観光バスの並ぶ駐車場の前を通過します。エリカの群落を見物する観光客が集まってきているんですね。

2019103014.jpg



観光馬車屋さんのウンデロア・ホーフUndeloher Hofの前を通過。多くの観光客が馬車に乗り込んでいます。これからヴィルゼーデに向かうのでしょう。

2019103015.jpg



馬車屋さんに到着します。

2019103016.jpg



馬車は大きく周り込んで観光バスに向かいます。

2019103017.jpg



観光バスの横で馬車は止まります。ほとんどの客はこの観光バスの乗客です。

2019103018.jpg



出発地点のウンデローには12時過ぎに帰着。馬車の乗車時間は自由時間も入れて、往復2時間ほどでした。楽ちんのエリカ見物でした。さて、お茶でもしようか、あるいはこの辺りを歩くか悩みますが、ちょっとは自分の足でエリカを眺めようということになります。ハイキングコースのあるホテル&レストランのハイデローゼHeideroseに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR