FC2ブログ
 
  

来年5月のウィーンの旅・・・直行便で楽々旅

29年前のゴールデンウィークが最初のヨーロッパ遠征でした。そのときは初ヨーロッパで右も左も分からず、今のような便利なインターネットもなく、そもそも、オペラハウスへ行く流儀もチケットの買い方もスケジュールのチェックも何も分からない状態。
で、個人旅などできるわけもなく、ともかく、ウィーンでオペラを見たい一心で豪華オペラツアーに大枚をはたきました。そもそも、一介のしがないサラリーマンだったので、長期休暇を取るのも、ゴールデンウィークをからめて、恐る恐る上司にお伺いをしながらの苦心の遠征決行だったわけです。

ウィーンでは、夢のようなオペラ三昧。以下のようなプログラムでした。

 チャイコフスキー 歌劇「エウゲニ・オネーギン」 ブレンデル、トモワ-シントウ、ドヴォルスキー、ギャウロフ
 ドニゼッティ 歌劇「愛の妙薬」 フェッラリーニ、ラ・スコーラ(パヴァロッティの代役)、ヌッチ、タッデイ
 R.シュトラウス 楽劇「ばらの騎士」 ジョーンズ、リドル、マレイ、ワイズ
 
さらにバルセロナに移動して、もうひとつ。

 R.シュトラウス 楽劇「ナクソス島のアリアドネ」 グルベローヴァ、ゲッセンドルフ、フライ、シュミット

saraiの40歳の誕生日はウィーンで「ばらの騎士」でした。

あれから、ウィーン詣でが始まり、気が付いてみれば、来年の遠征で18回目のウィーンになります。

と、感傷にふけっていましたが、来年のヨーロッパ遠征30周年に向けて、早く、飛行機のチケットを購入しておかないと、ゴールデンウィークのラッシュに巻き込まれて、チケット手配で遅れをとります。ゴールデンウィークの直前の運賃がまだ高騰していない日を選び、帰りもゴールデンウィーク明けで運賃が安くなる日にします。今度の旅でヨーロッパ遠征を打ち止めとしますから、最後にANAの直行便でウィーンを往復しましょう。ジャンボジェットで始まったヨーロッパ遠征も最後はB787で完了。時代の移り変わりを感じます。

で、もちろん、マイルの特典航空券などありはしません。一番、格安のエコノミー席で往復です。二人往復で約29万円・・・まあまあですね。ところが、料金支払いのページを見ると、ANA SKYコインを使うという一行が目に入ります。これは何でしょう。どうやら、マイルをこのSKYコインという金券のようなものに交換しておくと、それで料金の支払いに使えるようです、どうせ、これが最後ですから、溜まったマイルをすべてはきだしましょう。すると、何と25.5万円相当のSKYコインになります。ええーっ、最後のヨーロッパ遠征はたったの3万5千円で往復できちゃいます。やったね!

ところが、ANAの格安航空券では、座席の事前指定が窓際と通路側のほとんどが有料になっています。まあ、2500円ほどではありますが、それはいやですね。何とか、無料の窓際を探すと、往路は数席ありますが、復路はもう一席のみでした。危ない、危ない。

ということで無事、航空券は確保。ウィーンの初日はサイモン・ラトルのロンドン交響楽団でマーラーを聴き、最終の3日間はマーラーを5曲聴きます。ベートーヴェンのアニバーサリーイヤーにウィーンでマーラー三昧とはね・・・。

ゴールデンウィークを挟んで、ウィーンに2週間の滞在がsaraiのヨーロッパ遠征のグランドフィナーレになります。感慨一入です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR