fc2ブログ
 
  

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートから帰ってきたところです。今年も年越しのコンサートは楽しみました。みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートは今回で21回目。saraiと配偶者は全21回欠かさずに通い続けています。欠かさずに通っているのは稀有な存在かなとちょっと自慢です。でも、いくらこっちが頑張っても今年はみなとみらいホールが改修工事に入るので、ジルヴェスターコンサート自体が開催不可能になりそうです。今年末のジルヴェスターコンサートはミューザ川崎に乗り換えようかとも思っています。東響の演奏なので、演奏レベルは確実にアップしそうです。

ジルヴェスターコンサートの詳細は明日以降にアップします。ひとつだけは書いておきますが、今回は何と田部京子が参加し、シューマンのピアノ協奏曲を演奏してくれました。かぶりつきでその演奏を聴きましたが、右手の指からは魔法のように詩情にあふれるロマンが立ち上りました。彼女のシューベルトは最高ですが、シューマンも同様に田部京子ならではの味わいに満ちています。今年のシューベルトプラス・コンサートシリーズでは、いよいよ、待望のクラスレリアーナが聴けます。CDにも未録音なので、聴いたことがありません。きっと素晴らしい演奏になることを信じて疑いません。

さて、年が明けて、人気ブログランキングをチェックすると、今年は23位からのスタートです。昨年の目標は25位内キープでしたから、順調です。今後とも応援をよろしくお願いします。最終的に再び、10位以内を目指したいと思います。ぽちっとクリックを毎日よろしくお願いします。

旅ブログ記事は中断していたハンブルク散策を早々に開始します。ハンブルク市立美術館を出て、運河沿いの赤レンガ倉庫まで足を伸ばし、そこでお茶するところからの再開です。

では、今年も当ブログによろしくお付き合いくださいね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

       田部京子,  

大晦日は美味しいディナーで

大晦日は恒例のジルヴェスターコンサート@みなとみらいホールで年越しでした。saraiと配偶者、娘夫婦の4人です。

コンサートに先立って、1年を締めくくる贅沢なディナーをいただきました。みなとみらいグランドセントラルテラスにある本格イタリアン「LEONE MARCIANO レオーネ マルチアーノ」でのディナーです。これも恒例行事で、今回で4度目です。大晦日の夜、営業しているレストランは少なくて、いつもここになります。定番化しました。

まずはワインを注文。いつものスタッフのかたが黒板に書いたお勧めワインを見せてくれます。やはり、1年の締め括りはスパークリングワインでしょう。ここはイタリアンレストランですから、イタリアものにしましょう。注文したのは北イタリア・ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地域で造られるスパークリングワイン、フランチャコルタです。フランチャコルタはカヴァ、シャンパーニュと同様に瓶内2次発酵方式で造られるワインです。そのフランチャコルタのベルルッキ ’61 ブリュットで1年の労をねぎらいながら、乾杯!

2020010101.jpg



もっともこのフランチャコルタだけでは収まらなかった娘夫婦はイタリアビール モレッティを追加注文していました。よく飲むね・・・。

2020010102.jpg



さて、料理です。料理はアラカルトでいただきます。アンティパストは3品シェアしながらいただきます。
 コショウダイのカルパッチョ キャヴィアとともに。

2020010103.jpg



皿に取り分けていただきます。もちもちプリップリッの食感がたまりません。

2020010104.jpg



 アンティパストミスト(前菜の盛り合わせ)。レバーペーストなどです。

2020010105.jpg



 トリッパ ローマ風 (ハチノスのトマト煮込み)。

2020010106.jpg



これも皿に取り分けていただきます。トマトソースが抜群に美味しく、トリッパの食感も最高です。

2020010107.jpg



次はパスタを3種。これは最初から銘々の皿に取り分けて持ってきてもらいます。
 タリオリーニ アルバ産白トリュフとバターソース

2020010108.jpg



目の前でトリュフを削ってもらいます。

2020010109.jpg



たっぷりと白トリュフをかけてもらいました。香りと味が最高! とっても贅沢な一品です。

2020010110.jpg



 スパゲッティー カナダ産オマール海老のトマトソース。やはり、オマール海老は美味しいね。

2020010111.jpg



 パッパルデッレ キノコ入り鹿肉のラグーソース。これまた、絶品。このお店のパスタはどれも素晴らしい。

2020010112.jpg



ワインリストを見て、ヴェネトの白ワイン、サン・ヴィンチェンツォSan Vincenzoをいただきます。後で昨年のブログをチェックすると、昨年、娘に一任して選んでもらったワインと同じワインでした。親子の好みが同じことにビックリです。

2020010113.jpg



メインも3品。
 ホウボウのアクアパッツァ。ホウボウのぷりぷり感がたまりません。

2020010114.jpg



 鴨胸肉のソテー イチゴのソース。鴨が柔らかくて美味しいです。

2020010115.jpg



 仔牛のオーブン焼き モッツァレラチーズとトマトソース。こういうものが美味しくない筈がありません。

2020010116.jpg



デザートはそれぞれ好きなものをチョイス。
 パンナコッタと森の果実

2020010117.jpg



 ハリネズミのチョコレートケーキ

2020010118.jpg



 レオーネマルチアーノ特製ティラミス

2020010119.jpg



 自家製イタリアンジェラート

2020010120.jpg



コーヒーも一緒にいただきました。これはハートマークのカプチーノ。

2020010121.jpg



豪華なディナーを楽しんでいると、もう、みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートの開演時間が迫ってきました。開演10分前に駆け込みました。ジルヴェスターコンサートは別記事で。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR