fc2ブログ
 
  

ハンブルク散策:赤レンガ倉庫地区のお洒落な紅茶専門カフェ

2018年8月22日水曜日@ハンブルク/22回目

久しぶりにハンブルク散策(一昨年の旅)を再開します。

今日はハンブルクHamburgでゆったり散策。ハンブルク市立美術館Hamburger Kunsthalleでの名画鑑賞は2時間半ほどに及びました。予想よりも充実したコレクションに満足しました。
美術鑑賞の後の休憩はどうしようかと迷いますが、運河沿いの赤レンガ倉庫まで足を伸ばし、そこでお茶することにします。
歩く距離を減らすため、ちょっと遠回りになりますが、Uバーンを乗り継いで移動することにします。到着した最寄り駅はU1のメスベルクMeßbergです。地上に出ると、大通りのヴィリー・ブラント通りWilly-Brandt-Straßeの向こうに教会の大きな尖塔が見えます。聖ニコライ教会廃墟Mahnmal St. Nikolaiです。この尖塔は高さが147.3mもあり、大火事の後の1842年にネオンゴシック様式で建てかえられた当時は世界一の高さでしたが、現時点でも世界で5番目の高さを誇っています。第二次世界大戦では奇しくも空爆の格好の標的になり、大きなダメージを受けました。結局、修復されることなく廃墟と化してしまいました。現在は戦争の負の遺産として保存されています。

2020010401.jpg



地下鉄の駅から少し歩くと運河の前に出ます。ツォル運河Zollkanalです。運河の対岸には赤レンガ倉庫Lagerhaus aus rotem Backsteinが見えています。

2020010402.jpg



運河に架かるヴァンドラーム歩道橋Wandrahmstegを渡って、倉庫街Speicherstadtに入っていきます。運河の先には聖カタリーネン教会Hauptkirche St. Katharinenが見えています。

2020010403.jpg



橋の先には赤レンガ倉庫地区が広がっています。

2020010404.jpg



倉庫地区に入ると、赤レンガ倉庫地区の地図が表示されています。広大な倉庫街ですね。

2020010405.jpg



倉庫を見ながらブラブラ歩きますが、赤レンガ倉庫群の凄さに圧倒されます。我が横浜の赤レンガ倉庫が貧弱に思えてしまいます。

2020010406.jpg



赤レンガ倉庫はどれも7階建てほどのとても巨大な建物です。

2020010407.jpg



赤レンガ倉庫地区には縦横に運河が張り巡らされています。その運河を渡って、倉庫街の一角にあるヴァッサーシュロスWasserschloss(水の城)という紅茶専門カフェを目指します。

2020010408.jpg



目的のカフェのオープンテラスが見えてきます。

2020010409.jpg



カフェの前には運河に面している倉庫街が建ち並んでいます。

2020010410.jpg



見上げるような赤レンガ倉庫群の間に瀟洒なパラソルの開いた空間があります。なんてお洒落なんでしょうね。

2020010411.jpg



生憎、目の前の赤レンガ倉庫は工事中ですが、そう目障りなわけではありません。

2020010412.jpg



地下鉄の駅、メスベルクからここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020010413.jpg



木陰のテラス席を選んで、座ります。

2020010414.jpg



カフェの建物も元は赤レンガ倉庫だったようです。建物の中の様子は後でチェックしてみましょう。

2020010415.jpg



さて、早速、オーダーしましょう。アイスクリーム入りコーヒーなどを飲みたい気分ですが、このお店はやはり紅茶でしょう。茶葉は200種類ほどあるらしいのですが、選択する能力もないので、お勧めの中から、ダージリンとアッサムの一品をお願いします。ランチは10ユーロだよという言葉につられてメニューを見るとなかなか美味しそうです。一番を1つ、三番を一つ、お願いします。
注文の品が届くまで、周りの景色を楽しみます。こちらはカフェの建物とその前の綺麗な緑。

2020010416.jpg



運河の対岸には修復工事中の赤レンガ倉庫の建物。

2020010417.jpg



景色と雰囲気を楽しみながら、しばし、紅茶が届くのを待ちます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR