fc2ブログ
 
  

バイロイト散策:ワーグナーの終の棲家、ヴァーンフリート荘でお墓参り

2018年8月23日木曜日@バイロイト/7回目

明日からのバイロイト音楽祭Bayreuther Festspieleに先駆け、バイロイトBayreuthの旧市街を散策しているところです。超豪華な装飾のバイロイト辺境伯歌劇場Markgräfliches Opernhausを覘いた後は、ワーグナーのお墓参りに向かいます。明日からの祝祭劇場でのワーグナーの楽劇鑑賞の前に是非、お墓参りを済ませておきたかったんです。
オペルン通りOpernstraßeから、リヒャルト・ワーグナー通りRichard-Wagner-Straßeに出ます。

2020012001.jpg



リヒャルト・ワーグナー通りを歩いていると、ワーグナーと愛犬が休んでいます。バイロイトの町のあちこちに見られる風景です。因みにこの愛犬はニューファウンド犬のRussumuck(愛称ルスRuss)です。

2020012002.jpg



しばらく、リヒャルト・ワーグナー通りを歩いていくと、旗が立つ一画があります。かってのワーグナーの住居であったヴァーンフリート荘Haus Wahnfriedです。並木道の奥にその建物は見えます。

2020012003.jpg



並木道の入り口にはリヒャルト・ワーグナー博物館Richard Wagner Museumという表示があります。

2020012004.jpg



並木道をゆっくりと歩いていきます。

2020012005.jpg



ヴァーンフリート荘の姿が次第に大きくなります。

2020012006.jpg



もうすぐヴァーンフリート荘です。

2020012007.jpg



ヴァーンフリート荘の前に立ちます。

2020012008.jpg



銅像はワーグナーのパトロンだったルードヴィヒ2世Ludwig II.です。偉大な文化愛好家でした。

2020012009.jpg



建物の正面から横に周り込みます。

2020012010.jpg



ヴァーンフリート荘の横に出ます。建物の脇にはピンク色のシュウメイギク(秋明菊)が美しく咲き誇っています。

2020012011.jpg



ヴァーンフリート荘の横を抜けて、裏のほうに向かいます。

2020012012.jpg



建物の裏に周ると、噴水があがる小さな池があります。

2020012013.jpg



池越しにヴァーンフリート荘の裏側を眺めます。

2020012014.jpg




裏庭の奥にワーグナーとその妻コジマのお墓があります。

2020012015.jpg



生い茂った蔦に囲まれたワーグナー夫妻のお墓に近づきます。お墓の上には誰かが置いた花束があります。

2020012016.jpg



お墓を周り込んで、お墓と二人が暮らしたヴァーンフリート荘を眺めます。合掌!

2020012017.jpg



妙に心にこみあげるものはありません。saraiが真のワグネリアンではないのでしょうか。ワーグナー作品には無類の感動を覚えるんですが、ワーグナー個人に対する感傷めいたものは持ち合わせません。ワーグナーはsaraiにとってマーラーとはまったく異なる存在です。今日のお墓参りに際して、お墓の前で音楽を聴くという準備もありません。ワーグナーに対しては作曲家個人への偏愛は持たずに、作品の巨大性にのみ対峙すべきというのがsaraiの感覚です。ワーグナー詣ではバイロイト祝祭劇場Bayreuther Festspielhausで、明日と明後日、《トリスタンとイゾルデ》と《パルジファル》を聴くのが本筋と信じています。感傷のないお墓参りになりました。後はバイロイト音楽祭にのみ、集中しましょう。

ワーグナー夫妻のお墓の傍らに、ワーグナーの愛犬、ルスの小さなお墓があります。おしゃぶり用の骨が置いてあります。ワーグナーは無類の犬好きだったようですね。自分のお墓の近くに愛犬のお墓があったのはフリードリッヒ大王と同様です。彼らには愛犬との数々の物語があるようですね。

2020012018.jpg



再び、ヴァーンフリート荘の裏の噴水の前に戻ります。

2020012019.jpg



そして、ヴァーンフリート荘の表に出て、ワーグナーの終の棲家に別れを告げます。

2020012020.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020012021.jpg



これにて、バイロイト散策は終了です。バイロイトにはワーグナー以外、何もありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR