FC2ブログ
 
  

美しい風景を通り抜けて、ハイデルベルクに到着

2018年8月26日日曜日@バイロイト~ハイデルベルク/3回目

バイロイト音楽祭Bayreuther Festspieleの地、バイロイトBayreuthを発ち、鉄道旅で次の目的地、ハイデルベルクHeidelbrgに向かっています。シュトゥットガルトStuttgartでEC(ユーロシティ)に乗り換えて、最終目的地のハイデルベルクにまっしぐらです。ハイデルベルクへはたったの40分です。
まず、鉄道での移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2020020401.jpg



シュトゥットガルト中央駅Stuttgart Hbfを出ると、すぐに大きな車両基地に出ます。

2020020402.jpg



数多くの車両が出番待ちのようです。

2020020403.jpg



やがて、絵に描いたような美しい風景の中を走っていきます。

2020020404.jpg



ドイツの中でも最も美しい平原です。

2020020405.jpg



どこまでもどこまでも美しい大平原が続いています。これがドイツの豊かさの根源であることを感じます。

2020020406.jpg



美しい風景をうっとりと眺めているうちにハイデルベルク中央駅Heidelbrg Hauptbahnhofに到着です。

2020020407.jpg



あれ、学生らしき人は降りません。これがシュトゥットガルトから乗ってきたユーロシティです。

2020020408.jpg



ユーロシティはさらにフランクフルトFrankfurtに向かっていきます。

2020020409.jpg



駅前に出ると、膨大な数の自転車が駐輪しています。ドイツはオランダに劣らずに自転車大国のようです。

2020020410.jpg



ハイデルベルクは大きな街です。旧市街まで駅前からバスに乗って行きます。saraiの下調べがばっちりで、迷うことなくバスに乗り、旧市街の中心へ。今日から2泊するホテルは、旧市街の美しい橋、カール・テオドール橋Carl-Theodor-Brücke(通称、アルテ・ブリュッケ(古橋)Alte Brücke Heidelberg)の袂で、すぐに到着。ホテルはホテル・フィア・ヤーレスツァイテンHotel Vier Jahreszeiten Heidelberg。小さなホテルですが、立地はばっちりです。レセプションには、おじさんが待ち構えています。予約書等の何の提示もいらず、あっけなくチェックインは完了しましたが、部屋は3階とのこと。エレベーターは?・・・なし! いえいえ、それは無理です。お部屋を1階(つまり、日本で言う2階)に変更してもらいます。それでも、荷物をどうしたものかと悩んでいると、屈強の若者が現れ、saraiと配偶者の2つのスーツケースをヒョイと持ち上げて運んでくれます。驚くべき体力です。彼には遠慮されましたが、もちろん、チップをはずみます。部屋は、それほど広くはありませんが、十分な内容です。ベッドは清潔で大きいです。

2020020411.jpg



立派なデスクもあります。PCの作業に便利です。

2020020412.jpg



残念ながら、浴室にはバスタブはなく、シャワーだけですね。

2020020413.jpg



ホテルはネッカー川Neckarに面し、リバービューの部屋の景観はバッチリです。カール・テオドール橋(アルテ・ブリュッケ)が目の前に見えています。

2020020414.jpg



まだ、午後3時半です。早速、市内観光に出かけます。ハイデルベルクと言えば、ドイツ最古の大学であるハイデルベルク大学やプファルツ選帝侯の居城であったハイデルベルク城などで知られています。もちろん、それらも今回の訪問の目的ですが、saraiにとっては世紀の大巨匠フルトヴェングラーが眠る町としてのハイデルベルク訪問が大きな目的です。お墓参りは明日の朝にして、今日は1954年11月30日にバーデン・バーデンで亡くなったフルトヴェングラーの葬儀が12月4日に行われた聖霊教会Heiliggeistkircheに真っ先に向かいます。
ホテルを出ると、路地、ハスペルガッセHaspelgasseの先に聖霊教会の尖塔が見えています。

2020020415.jpg



すぐに聖霊教会の尖塔の前に着き、尖塔を見上げます。大きな教会ですね。

2020020416.jpg



フルトヴェングラーの葬儀の跡を偲びましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR