FC2ブログ
 
  

フルトヴェングラーが眠る墓地:苦難の道

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク

旅の15日目、ハイデルベルクHeidelbrgの2日目です。

フルトヴェングラーが眠る町、ハイデルベルク訪問にやってきて、昨日は葬儀が行われた聖霊教会Heiliggeistkircheに行きました。今朝はフルトヴェングラーが眠る墓地ベルクフリートホフBergfriedhofを訪れます。

朝目覚めて窓を開けると、どんよりと曇っています。今日は危ない天候ですね。元々雨の予報だったのですが、昨日の予報では晴れに変わり喜んでいたのですが、やはり雨になりそうです。ともかく、フルトヴェングラーのお墓参りに行くことにします。簡素ですが、ここのホテルは朝食がついているので、美味しくいただいた後、出かけます。墓地へはバスで行きます。ホテルを出て、ネッカー川に架かる橋、アルテ・ブリュッケ(古橋)Alte Brücke Heidelbergの前に立ちます。

2020022801.jpg



この橋の袂がバス停です。

2020022802.jpg



バスがやってきたタイミングで、乗る方向が間違いだと気づきますが、急遽、ルートを変更して、このバスに乗っていくことにします。ビスマルクプラッツBismarkplatzのバスセンターで39番のバスに乗り継いで、墓地の最寄りのバス停、アロイス・リンク・プラッツAlois-Link-Platzで無事、降車。

2020022803.jpg



うっ、どちらに向かって行けばいいのか、迷います。何の目印もありません。

2020022804.jpg



ともかく、バス停から、適当にこっちだと思う方向に向かって歩き始めます。

2020022805.jpg



バスに乗っているころから小雨が降り出したので、傘をさして歩き始めます。とても細かい雨が、降ったり止んだり程度なのが幸いです。歩き始めてすぐに悩み始めます。どうもよく地理が分かりません。

2020022806.jpg



いったん、バス停の前に戻りますが、それでもよく分かりません。

2020022807.jpg



何とか方向を見極めて進みますが、なんだか不安です。

2020022808.jpg



本当に細い山道に入り込むことになり、さすがに変だということになります。

2020022809.jpg



道行く人に訊くと、一人の人は知らないという返事。まっすぐ進むしかありません。

2020022810.jpg



どこまでも山道が続きます。

2020022811.jpg



もう一人の人は、その山道でよいという返事。この人は、我々が山道を歩き始めるのを見守り、それでよいのよと後押ししてくれます。

2020022812.jpg



配偶者は、お墓参りがこんな道ではだれも来れないのではとつぶやいています。まあ、裏道ではないかということで、そのまま進みます。

2020022813.jpg



物凄い急坂をヒーヒー言いながら登ります。

2020022814.jpg



かなり登ったところで、ちゃんとした道路に出ます。やはり抜け道だったのでしょうか。

2020022815.jpg



山の中腹からは町が見下ろせます。綺麗な景色ではありますが、それを楽しんでいる余裕はありません。

2020022816.jpg



さて、この先どう進めばよいのか分かりません。途方に暮れて、町の景色を眺めるだけです。

2020022817.jpg



近くで植木の手入れをしている人に尋ねると、しばし考えこんだ末に、下っていく方向に進むとT字路にぶつかるので、そこを右だよと教えてくれます。せっかく上ったのに下るのかしらと思いながらも、指示通りに歩いていきます。

2020022818.jpg



何やら、墓地の石塀みたいなものもありますが、それも定かではありません。

2020022819.jpg



だんだん、町の景色も変わり、随分と下ってきました。

2020022820.jpg



どんどん下ると、確かにT字路に出ます。と、すぐ左の方向に墓地への入り口が見えます。なんか変ですが、ともかく墓地にはたどり着けたので、良しとしましょう。

2020022821.jpg



さあ、墓地に入りましょう。ところがこれも間違っていたんです。さっきの人は左ではなく、右に行けと言っていたんです。いやはや、まさに苦難のお墓探しです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR