FC2ブログ
 
  

フルトヴェングラーが眠る墓地:お墓を清めて、静寂の時間・・・

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/2回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーが眠る墓地ベルクフリートホフBergfriedhofを訪れています。

最寄りのバス停から迷走した挙句、何とか墓地の入り口に着きました。ゆっくりと入り口に向かいます。

2020022901.jpg



ようやく、墓地の入り口の前に立ちます。ここまでバス停から迷いに迷って、およそ25分ほども山道をさすらいました。

2020022902.jpg



墓地の中に足を踏み入れます。

2020022903.jpg



入り口には地図があります。

2020022904.jpg



地図には番号が振ってあって、実はちゃんとフルトヴェングラーのお墓はルンドヴェーク1の22番と書いてあります。

2020022905.jpg



地図の通りに行けば、すぐにフルトヴェングラーのお墓が見つかる筈でした。ところが、saraiは地図上の入り口の場所を誤認していたんです。
すぐに礼拝堂の前に着きますが、ここから少し迷います。

2020022906.jpg



ここは山全体が墓地になっているようで、細かい山道に沿ってお墓が並んでいます。何本も分かれ道があるので、とってもわかりづらいのです。前もって用意した地図とは少し違うようですが、なにせ大雑把な地図だからそんなものかと進みます。と、急に自分の間違いに気付きます。全く思い違いをしていました。シュタイガー通りSteigerwegの西門と思った入り口は東門だったようです。おじさんの指示通りにT字路を右に行けばシュタイガー通りの西門に出たようです。でも、ようやく正しい自分の位置が分かったので、今度はしっかりと目的のフルトヴェングラーのお墓に向います。真っ赤なインパチエンスの花が印象的なお墓が目に入りますが、それがフルトヴェングラーのお墓でした。降ったり止んだりしている雨でしたが、今は止んでいます。よかったです。お墓の隣には水道の蛇口とジョウロがあります。

2020022907.jpg



まずはお墓を水で洗い流して、綺麗にします。

2020022908.jpg



丁寧にお墓全体を洗い清めます。

2020022909.jpg



何度も水を汲んで、一心に掃除します。

2020022910.jpg



フルトヴェングラーのお墓だけでなく、ご家族のお墓も洗い清めます。

2020022911.jpg



2020022912.jpg



お墓の状態を入念にチェック。

2020022913.jpg



さらにお墓の裏からも掃除します。

2020022914.jpg



これでようやく綺麗になりました。

2020022915.jpg



そして、綺麗になったお墓を写真撮影。

2020022916.jpg



墓石の周りに刻まれている墓碑銘はNUN ABER BLEIBT GLAUBE,HOFFNUNG,LIEBE,DIESE DREI.(さあ、しかし、信仰・希望・愛の3つが残っていきます。)ABER DIE LIEBE IST DIE GROSSTE UNTER IHNEN.(しかし、愛がこれらの中で最も偉大なものです。) キリスト教の「コリント人への第一の手紙」の一節だそうです。いかにもロマンチストのフルトヴェングラーにふさわしい言葉ですね。

2020022917.jpg



右隣の小さな墓石は5年前の2013年に亡くなったエリーザベト夫人のものです。

2020022918.jpg



左隣は母親と妹の墓石です。

2020022919.jpg



愛する女性たちに囲まれて、フルトヴェングラーも幸せですね。

何故か、お墓の前の通路を挟んだ向かいにはベンチがあります。このベンチに腰かけて、PCでフルトヴェングラーを偲ぶ音楽を聴きましょう。墓地は森閑とした雰囲気に包まれています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR