FC2ブログ
 
  

フルトヴェングラーが眠る墓地:お墓の前で巨匠を偲ぶ音楽は・・・

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/3回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーが眠る墓地ベルクフリートホフBergfriedhofを訪れています。

今、世紀の巨匠フルトヴェングラーの墓前に立っています。お墓の左側からお墓を眺めています。

2020030101.jpg



次は右側から眺めます。

2020030102.jpg



では、お墓の前のベンチに腰かけて、フルトヴェングラーを偲ぶ音楽を聴きましょう。

聴いたのは以下の録音です。

 ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》から前奏曲と愛の死(全曲盤から編集しました)
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管、キルステン・フラグスタート
 1952年6月録音

愛と死をテーマにした音楽ですし、録音嫌いだったフルトヴェングラーが初めて、レコード録音の価値を認めた演奏なので、これを選びました。《トリスタンとイゾルデ》はバイロイト音楽祭で聴いたばかりだしね。
うねるような演奏はロマンの香りが高く、音楽の密度がどんどん濃くなっていきます。森閑とした墓地にその響きがしみ渡っていきます。ここに眠るフルトヴェングラーにも日本人のファンの気持ちが伝わったでしょうか。

これで万感の思いを込めて、フルトヴェングラーのお墓に別れを告げます。配偶者によれば、saraiは極度の興奮状態にあったそうです。そうかもしれません。

2020030103.jpg



これでハイデルベルクでやるべきことは終えました。この間止んでいた雨が、また降りだします。

2020030104.jpg



落葉の舞い散る石畳の道を歩いていきます。

2020030105.jpg



山の墓地を下っていきます。

2020030106.jpg



林の中にお墓が点在しています。

2020030107.jpg



今度はちゃんとシュタイガー通りSteigerwegの西門のほうに来ました。ここにもさっきと同じ地図が立っています。

2020030108.jpg



西門の前に出ます。

2020030109.jpg



西門を出て、シュタイガー通りを下っていきます。きっと、バス停があるはずです。

2020030110.jpg



すぐに、線路の上を渡ります。

2020030111.jpg



線路を通り過ぎたところで道を振り返ります。この通りを来れば、何の苦労もなかったわけです。

2020030112.jpg



すぐ、バス停が見えてきます。

2020030113.jpg



降り立ったバス停、アロイス・リンク・プラッツAlois-Link-Platzにたどり着きました。さっきは歩き始めてすぐに道を間違えたようです。間違った場所が分かり、気分はすっきりですが、それにしても大変な無駄足でした。

2020030114.jpg



どこをどう間違って歩いたかを地図上で見て、反省します。

2020030115.jpg



さて、バス停にあるバスのルートマップをチェックします。

2020030116.jpg



雨は激しくはないのですが、降ったり止んだりなので、これからの予定だったネッカー川の古城に出かけるのは止めにして、ハイデルベルクの街歩きをすることにします。ということで、バスを待ちます。

2020030117.jpg



すぐにやってきた39番のバスで、バスセンター、ビスマルクプラッツBismarkplatzに戻ります。

2020030118.jpg



ビスマルクプラッツは旧市街の入り口なので、ここから旧市街へ伸びるメインストリート、ハウプト通りHauptstraßeを歩いていきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR