FC2ブログ
 
  

フルトヴェングラーが眠る墓地:お墓の前で巨匠を偲ぶ音楽は・・・

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/3回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーが眠る墓地ベルクフリートホフBergfriedhofを訪れています。

今、世紀の巨匠フルトヴェングラーの墓前に立っています。お墓の左側からお墓を眺めています。

2020030101.jpg



次は右側から眺めます。

2020030102.jpg



では、お墓の前のベンチに腰かけて、フルトヴェングラーを偲ぶ音楽を聴きましょう。

聴いたのは以下の録音です。

 ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》から前奏曲と愛の死(全曲盤から編集しました)
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管、キルステン・フラグスタート
 1952年6月録音

愛と死をテーマにした音楽ですし、録音嫌いだったフルトヴェングラーが初めて、レコード録音の価値を認めた演奏なので、これを選びました。《トリスタンとイゾルデ》はバイロイト音楽祭で聴いたばかりだしね。
うねるような演奏はロマンの香りが高く、音楽の密度がどんどん濃くなっていきます。森閑とした墓地にその響きがしみ渡っていきます。ここに眠るフルトヴェングラーにも日本人のファンの気持ちが伝わったでしょうか。

これで万感の思いを込めて、フルトヴェングラーのお墓に別れを告げます。配偶者によれば、saraiは極度の興奮状態にあったそうです。そうかもしれません。

2020030103.jpg



これでハイデルベルクでやるべきことは終えました。この間止んでいた雨が、また降りだします。

2020030104.jpg



落葉の舞い散る石畳の道を歩いていきます。

2020030105.jpg



山の墓地を下っていきます。

2020030106.jpg



林の中にお墓が点在しています。

2020030107.jpg



今度はちゃんとシュタイガー通りSteigerwegの西門のほうに来ました。ここにもさっきと同じ地図が立っています。

2020030108.jpg



西門の前に出ます。

2020030109.jpg



西門を出て、シュタイガー通りを下っていきます。きっと、バス停があるはずです。

2020030110.jpg



すぐに、線路の上を渡ります。

2020030111.jpg



線路を通り過ぎたところで道を振り返ります。この通りを来れば、何の苦労もなかったわけです。

2020030112.jpg



すぐ、バス停が見えてきます。

2020030113.jpg



降り立ったバス停、アロイス・リンク・プラッツAlois-Link-Platzにたどり着きました。さっきは歩き始めてすぐに道を間違えたようです。間違った場所が分かり、気分はすっきりですが、それにしても大変な無駄足でした。

2020030114.jpg



どこをどう間違って歩いたかを地図上で見て、反省します。

2020030115.jpg



さて、バス停にあるバスのルートマップをチェックします。

2020030116.jpg



雨は激しくはないのですが、降ったり止んだりなので、これからの予定だったネッカー川の古城に出かけるのは止めにして、ハイデルベルクの街歩きをすることにします。ということで、バスを待ちます。

2020030117.jpg



すぐにやってきた39番のバスで、バスセンター、ビスマルクプラッツBismarkplatzに戻ります。

2020030118.jpg



ビスマルクプラッツは旧市街の入り口なので、ここから旧市街へ伸びるメインストリート、ハウプト通りHauptstraßeを歩いていきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR