FC2ブログ
 
  

ネッカー川クルーズの前にハイデルベルクの路地歩き

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/6回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーのお墓参りの後、ハイデルベルクのメインストリート、ハウプト通りHauptstraßeを歩き、最後は美味しいケーキをいただきました。

ケーキ屋さんを出るころには雨は止んでいます。何となく、天気は快方に向かっている気がします。ここで、珍しく配偶者がネッカー川のクルーズを提案。楽ちんで楽しもうということです。では、偵察に行きましょう。船着き場に行ってみますが、閑散としていて、運行していないのではという感じです。でも、チケット売り場は開いています。

2020030401.jpg



クルーズ船の次の出発は2時とのこと。3時間かけて、古城のあるネッカーシュタイナッハNeckarsteinachまでの往復です。目玉はもちろん古城巡りです。まだ時々雨がぱらつきますが、のんびりクルーズしてきましょう。チケットを購入します。一人17ユーロ。まあまあの料金ですね。

2020030402.jpg



時刻表もいただいときましょう。

2020030403.jpg



時刻表の中にネッカー川クルーズの説明があります。ネッカー川を西に進むと、マンハイムMannheimでライン川に合流します。今回のクルーズは反対の東に進み、ネッカーシュタイナッハで折り返すというものです。当初はネッカー川沿いに鉄道で往復するつもりでしたが、天候不順のために断念していたんです。

2020030404.jpg



チケット売り場はネッカー川に停泊している船の中にあります。

2020030405.jpg



その船からはネッカー川の川面が間近に見えています。

2020030406.jpg



まだ出発までに1時間ほどあるので、いったん、ネッカー川を離れます。

2020030407.jpg



ホテルにパソコンを置いて、ハイデルベルク大学博物館Universitätsmuseumとホールを見てきましょう。街角の信号を見ると、何とアンペルマンです。ドイツ中で流行っているのかしらね。

2020030408.jpg



ホテルからは路地裏を歩きながら、ハイデルベルク大学Universität Heidelbergに向かいます。

ネッカー川沿いを歩いていると、プファッフェンガッセPfaffengasseの路地の角の建物を眺めている人たちがいます。どうやら、この建物の壁には、昔からのネッカー川の洪水のときの氾濫した水の高さが記録されているようです。1784年には、9.4mの高さまでの洪水があったようです。その高さのところに蟹が飾られています。

2020030409.jpg



このプファッフェンガッセの路地に入ってみましょう。石畳の道が続いています。

2020030410.jpg



路地の家々の前は緑であふれています。

2020030411.jpg



窓辺には花が飾られています。ゼラニウムの花ですね。

2020030412.jpg



壁一面に緑を這わせている家もあります。

2020030413.jpg



路地を抜けて、ウンターレ通りUntere Straßeに出ます。少し幅の広い通りですが、人はまばらです。裏通りですね。

2020030414.jpg



静かなウンターレ通りを西のほうに少し進みます。

2020030415.jpg



この通りの建物にも緑が多いですね。

2020030416.jpg



また、狭い路地、キュッヒェンゲスヒェンKüchengäßchenに入り込みます。

2020030417.jpg



路地は大きな建物で挟まれています。

2020030418.jpg



また、ハイデルベルクのメインストリート、ハウプト通りHauptstraßeに出ます。ここは打って変わって、人で賑わっています。路地歩きはひとまず終了です。

2020030419.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020030420.jpg



ハウプト通りを歩いて、ハイデルベルク大学に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR