FC2ブログ
 
  

ネッカー川クルーズに出発

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/8回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーのお墓参りの後、ネッカー川クルーズを楽しむことにしました。

クルーズ出発までの時間を利用して、ハイデルベルク大学博物館Universitätsmuseumとホール(アルテ・アウラ:大講堂旧館)Alte Aulaを見に行きましたが、生憎、今日の月曜日は閉館だということに気が付いて、ハイデルベルク大学Universität Heidelbergから撤退します。結局、大学博物館とホールの場所は分からず仕舞いでした。

大学の校舎越しにイエズス会教会Jesuitenkircheの塔が見えています。

2020030601.jpg



校舎を抜けて、マルシリウスプラッツMarsiliusplatzに出ると、イエズス会教会が姿を現します。

2020030602.jpg



その先は大学広場Universitätsplatzの東端のアウグスティナーガッセAugustinergasseです。

2020030603.jpg



すぐに大学広場を抜けて、メーリアン通りMerianstraßeに出ます。この通りを東に進むとイエズス会教会の正面に出ます。

2020030604.jpg



そのまま、アウグスティナーガッセを進むと、また、学生牢Studentenkarzerの建物の横に出ます。建物を見上げると、金色の像がこちらを見下ろしています。

2020030605.jpg



これが学生牢の3階建ての建物の全景です。

2020030606.jpg



ここからはハウプト通りHauptstraßeをさっと歩き、バウアムツガッセBauamtsgasseを通って、クルーズ船乗り場に向かいます。

2020030607.jpg



クルーズ船乗り場へはすぐに到着。ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020030608.jpg



クルーズ船に乗ると、目が点に・・・大勢の人が乗り込んでいて、船内はほぼ満席です。1時間前はあんなに閑散としていたのにね。団体客が乗ったようです。思い切って、船上のデッキに出ましょう。

2020030609.jpg



空も少しは明るくなってきたような気がします。今日はウィンドブレーカーを持ってきたのです。いざとなったら、これを着ましょう。デッキには1組しかいません。一番前の席に陣取ります。ここは眺めが最高です。雨が降らないことを祈りましょう。

2020030610.jpg



船が出航すると、我々は船首に陣取ったことに気づきます。船尾だとばかり思っていました。これは、ますます気分がいいです。クルーズ旅を楽しみましょう。

2020030611.jpg



船は東に向かって、ゆっくりと前進を始めます。

2020030612.jpg



岸辺には別のクルーズ船が停泊しています。ライン川方面へのクルーズ船でしょうか。

2020030613.jpg



進む方向にはカール・テオドール橋Carl-Theodor-Brücke(通称、アルテ・ブリュッケ(古橋)Alte Brücke Heidelberg)が見えています。あの橋をくぐり抜けるようです。

2020030614.jpg



左手の丘を見上げると、昨日上った哲学者の道Philosophenwegが見えています。

2020030615.jpg



だんだん、アルテ・ブリュッケが近づいてきます。その右手の山の中腹にはハイデルベルク城Schloss Heidelbergも見えてきます。

2020030616.jpg



ハイデルベルク城が見えてくると、船室から乗客がデッキに出てきて、写真を撮ります。私たちは特等席をゲットしたみたいです。

2020030617.jpg



橋に近づいていきます。

2020030618.jpg



橋に差し掛かります。

2020030619.jpg



橋の下をギリギリで通り抜けていきます。橋のアーチの先にハイデルベルク城が見えています。

2020030620.jpg



ネッカー川クルーズはまだ始まったばかり。古城のあるネッカーシュタイナッハNeckarsteinachへはまだ1時間以上のクルーズになります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR