FC2ブログ
 
  

ネッカー川クルーズ:ネッカーゲミュンドの閘門

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/11回目

ハイデルベルクHeidelbrgからネッカー川クルーズに出発しました。

現在、3分の1ほどの行程を過ぎたところです。ツィーゲルハウゼンZiegelhausenの町に差し掛かっています。
ちょうど、向かいからクルーズ船がやってきます。

2020030901.jpg



アルト・ハイデルベルクという名前のクルーズ船とすれ違います。

2020030902.jpg



前方に橋が見えてきます。ツィーゲルハウザー橋Ziegelhäuser Brückeです。ツィーゲルハウゼンとシュリーアバッハSchlierbachの町を繋ぐ橋です。

2020030903.jpg



橋が迫ってきます。

2020030904.jpg



橋の下をくぐります。

2020030905.jpg



橋をくぐり終え、先に進みます。ネッカー川はこの先、右に蛇行していきます。

2020030906.jpg



空はまだ、雲が多いですが、わずかに青空も見えてきました。

2020030907.jpg



前方の岸辺に綺麗な建物が見えます。イル・ソーニョRistorante & Pizzeria "il sogno"というイタリア料理店です。

2020030908.jpg



右手の川岸にはキャンピングカーがたくさん集まっています。夏のキャンプ村、キャンピング・ハイデルベルク Fa. ヴェーバーCamping Heidelberg Fa. Weberです。

2020030909.jpg



ネッカー川を大きく右に曲がり込むと、また、堰が現れます。

2020030910.jpg



先ほどの堰と同じように右側に閘門があり、クルーズ船はそちらに向かって行きます。

2020030911.jpg



この閘門はネッカーゲミュンド閘門Schleuse Neckargemündです。

2020030912.jpg



右側の閘門は青ランプ。今、ちょうど、空いているようです。

2020030913.jpg



ぐんぐん閘門に近づいていきます。

2020030914.jpg



そのまま、待つこともなく、閘門の中に入っていきます。

2020030915.jpg



閘室の中ほどまで侵入してきました。

2020030916.jpg



閘門の名称、ネッカーゲミュンドNeckargemündの標識があります。

2020030917.jpg



山の上の空は明るく、日差しも感じられ暖かくなってきます。午前中は、真冬のような寒さだったのです。

2020030918.jpg



閘室の中に収まり、閘室内に注水が始まります。

2020030919.jpg



ぐんぐん水位が上昇していきます。

2020030920.jpg



もう少しで水位が上流の水面と同じになります。

2020030921.jpg



右手の川岸近くにSバーンの電車が停車します。ハイデルベルク・オルトペディー駅Heidelberg Orthopädieです。ここには大きな大学病院があります。

2020030922.jpg



注水が終わり、閘門の扉が開きます。

2020030923.jpg



まだ、黄色のランプで進めません。

2020030924.jpg



ランプが青色に変わります。出発です。

2020030925.jpg



クルーズ船はゆっくりと閘門を抜けていきます。

2020030926.jpg



閘門の先に出ました。今回は待ちがなかったので、10分少々で閘門を抜けました。

2020030927.jpg



クルーズ旅のルートを地図で確認しておきましょう。

2020030928.jpg



短いクルーズ旅で2回も閘門を抜けるのはネッカー川の高低差が大きいのでしょう。2回も閘門を抜ける体験ができるのはラッキーです。古城のあるネッカーシュタイナッハNeckarsteinachへは残り30分ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR