FC2ブログ
 
  

初島は海鮮料理の島

グランピングの後、伊豆山神社~走り湯を見物し、熱海の駅前に移動。この後は初島に渡ってみようと思います。
駅の中にある観光案内所のお姉さんに相談してみます。すると、さっと初島のパンフレットを渡してくれます。

2020031801.jpg



初島では何が面白いのかと尋ねると、逆にお昼ご飯はどうしますかって言われます。どうやら、初島は海鮮料理が美味しいそうです。で、初島に渡る船の時間を調べてもらうと、次は午後1時ですが、時間が迫っています。その次は2時なので、それでもいいかなって言ってると、お姉さんがもしお昼ご飯を食べるつもりなら、島の食堂は3時には閉まるので、急いだほうがいいとアドバイス。今から熱海港にバスで移動すると1時の船に間に合わないので、タクシーでの移動を勧められます。それならとお姉さんにお礼を言いつつ、駅前のタクシー乗り場に急行。幸い、客待ちのタクシーがいます。タクシーで初島行の定期船乗り場に移動し、出航10分前に到着。窓口でチケットを購入。往復2640円とほどほどの料金です。
チケットを手に停泊中の定期船に向かいます。

2020031802.jpg



なかなか美しい船体ですね。

2020031803.jpg



タラップを上る人の列の最後尾に着きます。

2020031804.jpg



船室の中はつまらないので、デッキの最前部に行きます。熱海の町がよく見渡せます。

2020031805.jpg



しかし、よく考えてみたら、船が海上に出ると、強い風を受けそうな気がします。すごすごと船室に撤退。まだ、窓際の席が空いていました。

2020031806.jpg



すぐに船が出航。

2020031807.jpg



やがて、舳先を初島のほうに回頭します。遠くにぽつんと初島が見えます。

2020031808.jpg



船室からは窓も汚いし、眺めが楽しめません。再び、意を決して、デッキに上がることにします。やはり、デッキの上からはよい眺めです。舳先の向こうに初島がくっきりと見えています。

2020031809.jpg



ズームアップすると初島がこんなによく見えます。

2020031810.jpg



熱海がどんどん遠ざかっていきます。

2020031811.jpg



これは熱海の右側のほうです。湯河原のあたりでしょうか。

2020031812.jpg



左手には、ホテル・ニューアカオと熱海城が小さく見えています。

2020031813.jpg



また、初島を眺めます。初島の右奥に見える大島は黒雲に覆われています。天気が悪そうですね。初島のほうに黒雲が移動してこないといいのですが・・・。

2020031814.jpg



伊豆半島の先のほうも黒雲が覆っています。

2020031815.jpg



上空を見上げると、青空です。船の上のデッキは風もさほど強くなく、寒くもありません。しばらく、デッキで耐えられそうです。

2020031816.jpg



初島まで、ちょうど半分ほど来たところです。少しずつ島影が大きくなります。

2020031817.jpg



定期船とすれ違います。定期航路の姉妹船のプレミア号です。

2020031818.jpg



熱海の町もだいぶ小さくなってきました。

2020031819.jpg



おおっ、初島はともかく、大島の上の黒雲は強烈に立ち込めています。非現実な風景です。実はこの日、大島では大きな竜巻が2本も同時に発生したそうです。珍しい気象だったようです。

2020031820.jpg



初島が間近に迫ります。その向こうの大島あたりの空は恐ろしい雰囲気です。

2020031821.jpg



そろそろ、デッキから下ります。操舵室の後ろから中を覗き込みます。初島の港の岩壁が迫っています。

2020031822.jpg



見事に防波堤の間をくぐり抜けていきます。操船って難しそうです。

2020031823.jpg



皆との防波堤の上では多くの人が釣りに興じています。

2020031824.jpg



港のタラップに近づいていきます。

2020031825.jpg



着岸です。

2020031826.jpg



タラップが近づきます。

2020031827.jpg



真っ先にタラップを降りました。皆さん、続々と降りてきます。結構、多くの乗客がいましたね。

2020031828.jpg



これが今降りた定期船の舳先です。イル・ド・バカンス3世号です。

2020031829.jpg



小さな港を歩み出ます。

2020031830.jpg



初島のマップがあります。港の左手に海鮮料理の食堂が並んでいるようです。そちらに向かいましょう。

2020031831.jpg



港を出て、ちょっと歩くと、食堂がずらっと並んでいます。壮観です。

2020031832.jpg



メニューを確認しながら、食堂街を進みます。どれもすべて海鮮料理のお店です。

2020031833.jpg



もう、残り3軒ほどになります。まだ、お店を決め兼ねています。

2020031834.jpg



遂に最後のお店、さかやです。

2020031835.jpg



このお店のメニューにかさごの唐揚げの単品があったのが決め手になり、入店します。
その、かさごの唐揚げとお刺身のおまかせ定食、海鮮丼という豪華献立。かさごの唐揚げが絶品でした。

2020031836.jpg



船賃を払っても食べる価値のある海鮮料理でした。
美味しいお昼ご飯をいただき、お店の外に出ると、本土の雪を抱いた山が見えます。お店の人の話では、大山だそうです。

2020031837.jpg



熱海のほうを見ると、後ろに山が見えています。箱根でしょうか。

2020031838.jpg



港のほうに向かうとちょうど定期船が出ていきます。その次の船で帰りましょうか。

2020031839.jpg



港に戻ってきました。

2020031840.jpg



港の周りでお店を覗いたり、初島海洋資料館(入館無料)を見学していると、次の船の時間が迫ります。港を見ると、ちょうど定期船が入港してきます。慌てて、港に向かいます。港では既に多くの乗船客が列を作っています。

2020031841.jpg



帰りも順調な船旅でした。熱海港からは熱海駅へのバスがちょうど出るところ。急いで飛び乗ります。熱海の町を走るバスの経路もようやく頭に入りました。車なしでも結構、楽しめるものですね。
熱海駅に着くと、強風で少し遅れていた電車にうまく乗れて、ぐっすり眠っているうちに横浜に帰り着きます。
1泊2日のミニ旅でグランピングの初体験。楽しい旅もこれにて終了。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR