FC2ブログ
 
  

早朝のハイデルベルク散策:アルテ・ブリュッケの橋の上

2018年8月28日火曜日@ハイデルベルク~マンハイム

旅の16日目、ハイデルベルクHeidelbrgの3日目です。実質、今日がこの旅の最終日です。

今朝は驚くほどの早起き、7時半に起床。では、早朝散策に出かけましょう。ごみ収集車が走り回り、お店の開店準備で忙しくしている人はいますが、観光客はほとんどいません。いっぱい写真を撮りましょう。アルテ・ブリュッケAlte Brücke Heidelbergの橋の上を自家用車が走っています。日中は観光客でいっぱいで、とても走れたもんではありませけどね。

2020032601.jpg



橋の上から、ネッカー川の下流方向を眺めます。このネッカー川はこの先、ライン川に流れ込みます。その河口にあるのが今日訪れる予定のマンハイムManheimの町です。

2020032602.jpg



ネッカー川の上流方向は朝陽で輝いています。

2020032603.jpg



アルテ・ブリュッケの橋の先には哲学者の道Philosophenwegのある丘があります。時間と体力があれば、もう一度、哲学者の道の展望台からの眺めを楽しみたいところですが、旅の終わりでそんな体力は残っていません。

2020032604.jpg



知恵を司る女神であり、ハイデルベルクの守護神でもあるパラス・アテーナーの像が橋脚の上に立っています。朝日を浴びて、美しく輝いています。

2020032605.jpg



ネッカー川の川岸の先の丘の上にはハイデルベルク城Schloss Heidelbergが見えています。これまでもさんざん眺めました。

2020032606.jpg



ズームアップして、ハイデルベルク城の姿の全景を眺めましょう。

2020032607.jpg



アルテ・ブリュッケの橋を渡って、対岸からの眺めも楽しみましょう。橋の端から振り返った様子です。向こうの端に工事中の橋塔Brückentorが見えています。

2020032608.jpg



対岸から眺めたアルテ・ブリュッケの橋は朝陽を浴びて、バラ色に輝いています。

2020032609.jpg



対岸の別の場所からのアルテ・ブリュッケの橋の眺めです。

2020032610.jpg



橋越しにハイデルベルク城の姿が見えます。

2020032611.jpg



対岸から旧市街を眺めます。聖霊教会Heiliggeistkircheとイエズス会教会Jesuitenkircheが見えています。

2020032612.jpg



対岸には哲学者の道に上るシュランゲン小道Schlangenwegの入り口が見えます。ほんの20分ほどで展望台に上れるんですが、その意欲に欠けています。

2020032613.jpg



ネッカー川に目を遣ると、ちょうど目の前を貨物船が下っていきます。ネッカー川は水運の大動脈です。

2020032614.jpg



再び、アルテ・ブリュッケの橋の上に戻ります。ネッカー川の上流に上ってくる朝日が眩しく輝きます。

2020032615.jpg



ネッカー川の下流を見ると、先ほど目の前を通り過ぎた貨物船がゆっくりと流れを下っていきます。

2020032616.jpg



ハイデルベルク城の橋の上からの美しい姿をもう一度、この目に収めます。

2020032617.jpg



ネッカー川の川面に朝日の光が煌めいています。

2020032618.jpg



このアルテ・ブリュッケの橋の正式名称はカール・テオドール橋Carl-Theodor-Brücke。バイエルン選帝侯で橋の建造者であるカール・テオドールの名前が付けられています。そのカール・テオドールの像が朝陽を浴びています。

2020032619.jpg



アルテ・ブリュッケの橋の上で早朝の15分間ほどの時を過ごしました。観光客もいなくて、我々二人で美しい橋を独占しました。では、橋を下りて、旧市街を少し歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR