fc2ブログ
 
  

亡き母の四十九日・・・母の成就した思い

今週は実家に帰省しています。こちらは東京で大変なことになっているコロナ・ウイルスとは無縁な感じで一見、平穏です。移動に使った飛行機もガラガラで異常な状態ではあります。ともあれ、無事に家族だけで亡き母の四十九日の法要とお墓への納骨を済ませました。子として、親にしてやれる最後のことを終えた感じです。母の居ない実家に配偶者と一緒に滞在するのは何ともシュールな思いに駆られます。高校卒業までは両親と暮らした家に今は50年近く連れ添っている配偶者と二人でいるのは奇妙でしかありません。この家も空き家になるので、一昨日、遺品整理と解体の業者を呼び、最後の整理にはいっています。母が常々、「私が死んだら、どうなるのかしらね?」と言うたびにsaraiが「僕がちゃんと整理するから、心配しなくていいよ。」と言ってきたことが現実になり、ある意味、最後の親孝行になるのは悲しいことです。

自分たちでも家の中を見て回り、遺品の整理をしていますが、配偶者が白い表紙の本を探し出してくれました。開いてみると、30年前に72歳で亡くなった父の最後の20日間ほどの日々を綴った日記でした。筆跡が父のものと違うと思っていたら、何と父の口述を母が代筆したもの。最後の5日間は口述もままらならぬようになり、母が父の死後にまさに代筆していました。亡くなった日で終わるのかと思っていたら、その後は母が日記を書き繋いでいました。4年ほどで終わっていましたが、父の思い、母の思いがつまった貴重な日記でした。両親の供養にというか、自分自身の好奇心にも駆られて、今まで熟読していました。

父の壮絶な闘病の毎日と母の献身的な看病、そして、母の悲しい思いと喪失感にあふれた内容に絶句することもしばしばで読み続けました。母の「お父さんが恋しい。いつか、一緒にお墓に入る日まで待っていてね。」という言葉で締めくくられていました。その日から、26年ほどが過ぎ、今日、母の納骨を終え、母のその言葉が成就しました。よかったね。

古いアルバムも見つけ、家族で一緒に色んな古い写真を見ました。saraiがまだ、4歳か5歳くらいで、ベレー帽を被り、佐久間ドロップの缶を持ち、母に優しく抱かれている写真がありました。もちろん、そんなに幼い日の記憶はありませんが、母の優しい眼差しに包まれたsaraiの子供の頃の幸福感を見ると、ああ、そんなに充足していた子供の頃にタイムジャンプして帰りたいと心の底から思わずにはいられません。強い感動にただただ、涙をこらえるだけです。幸せな思いに浸ることのできた、母との最期の別れの日になりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR