fc2ブログ
 
  

ブログ応援に深く御礼!

コロナウイルスで日本も緊急事態宣言という正念場になりましたが、当ブログも今後、苦境に陥ることも考えられる中、皆さまの多くの応援のプチをいただき、前向きの思いになりました。

とは言え、2月末以降、国内のコンサートは軒並みキャンセルまたは延期になり、saraiが予定していたものだけでも、25公演を聴き逃がしました。ウィーンの公演もsaraiのプライベートなミニコンサートを含めて、13公演を聴き逃がしました。5月以降もしばらくはキャンセルが相次ぎそうです。悪い意味で暇な毎日になりました。暗澹たる毎日です。自宅近くのコミュニティで行ってきたボランティア活動のPCの相談室も休止中で再開は夏過ぎになりそうです。この間、母の死もあり、忘れられない年になってしまいました。

もうすぐ、ウィーンで迎える筈だったsaraiのバースデーも緊急事態宣言下なので、お祝いのしようもありません。

日々の活動と言えば、母の死後の整理作業とコンサートのキャンセル処理での郵便局通いという残念な状況。

何か明るい話を書きましょう。saraiの音楽コレクションが充実してきました。クララ・ハスキルのコレクションも100枚を超えるCD/LPを収集し、ほぼ、全録音を手中に収めたのに続き、田部京子の全CD(30枚以上)もすべて手に入れました。伊藤恵のシューマニアーナも全13巻揃え、シューベルト作品集6枚もゲット。現在はロータス・カルテットのCDを収集中です。コレクションの楽しみもありますが、それを聴ける喜びもあります。生の音楽が聴けませんが、我が家のオーディオルームに籠って、saraiの音楽ライブリーを楽しむことにします。因みにsarai自作の音楽データベース(ORACLEのリレーショナルDBで作成)に登録済のメディア総数は5000を超えました。多分、未登録のものを併せると、10000以上です。

 交響曲  1312
 管弦楽曲 571
 協奏曲  605
 室内楽  697
 器楽曲  996
 声楽曲  391
 オペラ  768
 総合計  5370

到底、saraiが生きているうちにすべてを聴くのは不可能かもしれません。これらのすべてはせっせと30TBのRAIDストレージ(NAS)に格納中です。PCからUSB-DACを介して、オーディオ装置に接続して聴いています。
音楽も聴きたいし、本も読みたい・・・インドア派のsaraiにとって、家籠りも悪いものではありません。しかし、旅ブログだけは何とか続けますので、引き続き、応援をおねがいします。

↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




最後に付録で所蔵するメディア枚数の作曲家別のランクを公開しておきます。

1 ベートーヴェン    649 12.09%
2 モーツァルト     534 9.94%
3 マーラー       347 6.46%
4 ブラームス      303 5.64%
5 バッハ        295 5.49%
6 シューベルト     257 4.79%
7 ブルックナー     213 3.97%
8 ワーグナー      203 3.78%
9 シュトラウス(R)  188 3.5%
10 シューマン     168 3.13%
11 ショスタコーヴィチ 133 2.48%
12 ショパン      130 2.42%
13 ハイドン      116 2.16%
14 バルトーク     108 2.01%
15 チャイコフスキー  107 1.99%
16 ヴェルディ     103 1.92%
17 ドヴォルザーク    97 1.81%
18 シベリウス      85 1.58%
19 ヘンデル       61 1.14%
20 プッチーニ      59 1.1%
21 リスト        56 1.04%
22 ドビュッシー     54 1.01%
23 ストラヴィンスキー  53 0.99%
24 メンデルスゾーン   51 0.95%
25 ラヴェル       49 0.91%
26 プロコフィエフ    47 0.88%
27 ラフマニノフ     41 0.76%
28 ロッシーニ      36 0.67%
29 スメタナ       26 0.48%
30 ヴィヴァルディ    25 0.47%

トップ10はドイツ・オーストリアの音楽家で占められましたね。それもウィーンに縁のある音楽家が大多数です。saraiがウィーンを愛する所以です。





テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR