fc2ブログ
 
  

コロナ禍の中の病院巡り・・・ マンハイムからフランクフルト空港に向けて出発

2018年8月29日水曜日@マンハイム~フランクフルト空港

今日は病院巡り。コロナ禍の真っ最中なので、用心して出かけました。内科は成人病の定期通院。薬を処方してもらうためには無理しても行くしかありません。いつもは混み合う病院ですが、saraiが帰るときは誰もいませんでした。何故、こんなに空くんでしょう。いつもは不要不急の患者ばかりなのかしら。もっともコロナ対策で予約時間厳禁とのことですから、患者が分散しているのかも。次は歯科。ここはもちろん、予約制ですが、それにしても患者が少ないです。皆さん、自粛しているようです。一部の医者はテレビで医療崩壊の危機を叫んでいますが、国民はこんなに協力していますよ。お互いに頑張るしかないでしょう。

 さあ、一昨年の旅にタイムジャンプします。

旅の17日目、マンハイムMannheimの2日目です。今日は帰国の日です。

旅の最後の日も快晴です。元気に気持ちよく日本に帰りましょう。
ANAのボーディングパスとドイツ国鉄DBのRail&Flyの無料鉄道チケットを印刷しておきましょう。ホテルをチェックアウトするときに、印刷させてもらえるかと尋ねると、ビジネスセンターに行ってねとのこと。ビジネスセンターとはたいそうな設備のようですが、要は宿泊者が利用できるパソコンが置いてあるエリアのことです。saraiだけが一人で行くことにして、配偶者は荷物の番をして待ちます。saraiがビジネスセンターに行くと、何とパソコンに電源も入っていません。この電源のスイッチが本当に分かりにくい所にあります。何とか見つけてパソコンを立ち上げます。ありがたいことに、言語の選択が出来、英語を選びます(日本語はもちろんありません)。印刷するだけですから、英語での操作でも問題ありません。が、今度は、プリンタの電源が入っていません。これがまたまた分かりにくい。さんざん探してようやくプリンタの電源を入れて、プリントアウト完了です。これでようやく無事にANAのボーディングパスとドイツ国鉄DBのRail&Flyの無料鉄道チケットがゲットできました。これがANAのボーディングパス。フランクフルト空港12時10分発の羽田行きの直行便です。

2020041701.jpg



これがドイツ国鉄DBのRail&Flyの無料鉄道チケット。ドイツ国内のどの駅からも乗れて、フランクフルト空港行きのICEのチケットです。残念ながらセカンドクラスですけどね。航空券がビジネスクラスならば、DBもファーストクラスのチケットになります。航空機に搭乗する前日から有効です。

2020041702.jpg



saraiのPCの作業にかなりの時間がかかり、荷物番の配偶者はかなり心配したようです。その間、大勢のインド人がツアー・バスに乗り込んで出発していったそうですが、それ以外の客はビジネスマンが主流だったようです。このホテル、マリティム ホテル マンハイムMaritim Hotel Mannheimは文化遺産に指定されるほどの立派な建物で、お部屋は広くて立派だし、エアコンもきっちりあるし、足の便もいいのに、料金お安めなので好まれているのでしょう。それにビジネス客なら、それほど重いカバンは持っていないので、エレベーターはさほど必要としないでしょう。

さて、ホテルを出ます。駅に向かう前に、フリードリヒ広場Friedrichsplatzにある給水塔Mannheimer Wasserturmの写真を再度撮っておきましょう。

2020041703.jpg



マンハイム中央駅に向かいますが、駅へはトラムに乗ることもできます。しかし、たった1区間なので歩いていきましょう。

2020041704.jpg



カイザー通りKaiserringを5分ほど歩くと、中央駅の姿が大きく見えてきます。

2020041705.jpg



通りに面白い自転車があります。黄色いので、郵便局の自転車でしょうね。

2020041706.jpg



駅に到着です。朝から子供たちで賑わっています。学校の遠足かな。

2020041707.jpg



電車でマンハイムからフランクフルトまで移動する時間は30分ほどで、電車の中でゆっくり朝食を食べる時間はありませんが、ドイツでなじみになった甘いパンを朝食用に買います。

2020041708.jpg



発車10分ほど前にホームに行くと、既に電車を待つ人で混雑しています。

2020041709.jpg



乗る予定の電車はドルトムント行きのICEです。このICEがフランクフルト空港駅を経由します。

2020041710.jpg



ほぼ定刻に精悍な面構えのICEがホームに到着します。

2020041711.jpg



早速、ICEに乗り込みます。別途、有料の指定席券を買っていたので、なんなく席を確保できます。これが事前にネットで購入していた指定席券。窓際の向かい合わせの席です。

2020041712.jpg



窓からは駅前のインターシティホテルの建物が見えています。

2020041713.jpg



車内はフランクフルト空港に向かう人でかなり混んでいます。立っている人もいます。指定席を取っておいて、よかったです。

2020041714.jpg



マンハイム中央駅を出ると、ICEはすぐにライン川を離れて、マンハイム港の運河沿いに走ります。

2020041715.jpg



やがて、ネッカー川を渡ります。ネッカー川とはハイデルベルク以来の再会です。これはネッカー川の上流方向。遠くに通信塔も見えています。下流に進むネッカー川はすぐにライン川に合流します。合流地点が見られずに残念です。

2020041716.jpg



フランクフルト空港には30分弱で到着します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR