FC2ブログ
 
  

いざ、イスタンブールへ:成田空港を出発

2019年9月4日水曜日~5日木曜日@成田空港~イスタンブール

今年のヨーロッパ遠征の開始です。
今回は順調に準備は進み、余裕です。

ところが、自宅を出発前になって大騒ぎ。念のために郵便物をチェックすると、イスタンブールでキャッシングするために申し込んだカードが届いたそうです。実はこれだけが気になっていたんです。トルコでキャッシングする際の手数料なしのカードを申し込んだのですが、とうとう出発日までに届いていなかったんです。間に合わなかったかと思っていたら、今日、配達にきていたようです。本人限定受け取りなので、配達を依頼しないといけませんが、何と依頼の締め切り時刻が既に30分過ぎています。郵便局に何とか事情をお話しして、出発時刻までに届けてもらうことになり、無事、受け取りました。郵便局に感謝。

さらに来シーズンの東響の定期演奏会の継続確認の郵便が届いており、その期限は9月17日。危ない、危ない。早速、FAXしました。ぎりぎり、セーフです。

お風呂にも入り、サッパリして出かけましょう。最寄り駅から電車に乗れば、1本で成田に行けるのが、何とも便利。少々時間はかかりますが、運賃のみ(特急料金とかはなし)というのもありがたい(後で知りましたが、出発した次の日に、電車がトラックと衝突し脱線する大事故が発生し2日間不通になったらしいです。出発日当日でなくてよかった・・・)。
無事に成田空港第一ターミナルに到着です。今回利用するのは、ターキッシュエアラインズ。空港自体はあまり混んでいませんが、ターキッシュエアラインズの受付カウンターは長い行列ができています。

2020060201.jpg



WEBチェックインしていても、これが困りますね。ほかのカウンターは全然混んでいません。

2020060202.jpg



あたりの様子をぼーっと眺めながら、ひたすら待ちます。

2020060203.jpg



30分ほどかかりましたが、スーツケースのお預け完了。重さは2つで36キロ。いつも通りです。

2020060204.jpg



軽く天ぷらそばを頂いて、夕食終了。エビが美味しかったなあ。1ヵ月ほど、この味とはお別れです。出発口に向かいます。

2020060205.jpg



それなりに空港に早く着きましたが、何と出発時刻が30分も早まるそうです。
手荷物検査、出国検査を経て、現地のお友達へのお土産の煙草を購入して、出発ロビーに向かいます。かなり遠いです。ようやく、ターキッシュエアラインズの搭乗口に到着。配偶者はいつものように、行ってきますメールを出そうとしますが、電波の状態が良くなく送れず。思えば、配偶者のガラホはこの頃から不調。saraiは空港の無料WIFIに接続し、出発前の最後のブログ記事をアップします。
搭乗5分前です。ゆったりと搭乗を待ちます。まずはイスタンブールに向かいます。

2020060206.jpg



搭乗します。配偶者は窓際の席に着くなり、外を眺めています。すっかり夜の闇が降りています。もう9時過ぎです。

2020060207.jpg



我々の席は、一番後ろのラブラブシート。この便はほぼ満席です。

2020060208.jpg



何故か子連れが多いな。日本人のツアー客がほとんどのような気がします。

2020060209.jpg



やがて、飛行機はターミナルから離れていきます。

2020060210.jpg



ターキッシュエアラインズは初めて乗ります。セキュリティの画面ももちろん初めてです。なかなか凝った画面ですね。

2020060211.jpg



2020060212.jpg



2020060213.jpg



2020060214.jpg



定刻に飛び立ちます。あれ、いつものように日本を横断し日本海に出ます。イスタンブールに向かうというだけで、何となく南周りと思い込んでましたが、大きな間違い。いつものようにシベリア上空からモスクワを目指し、そこから南下するようです。夜遅くに出発し、早朝3時の到着なので、ずっと真っ暗な夜が続き、外の景色は楽しめませんね。
大気の状態が良くないようで、かなり揺れてます。でも、全く気にせず、食事が準備されます。これがこのフライトでの食事メニュー。

2020060215.jpg



効率よく、食事と飲み物が同時に配られます。後方より提供されるので、問題なく和食と洋食を1つずつゲットでき、シェアして頂きます。和食はサバのあんかけ。なかなか美味しいです。

2020060216.jpg



洋食は鶏もも肉のグリル。

2020060217.jpg



窓の外は真っ暗。ずっとこのままのはずなので、寝るしかありせんね。
ぐっすり寝ていると、朝ごはんで起こされます。これも、効率よく、食事と飲み物が後方より配られ、和食と洋食をゲット。和食は鰆の塩焼きで、これまた美味しい。

2020060218.jpg



洋食はチーズとトマトのオムレツ。

2020060219.jpg



モスクワからキエフに向かいます。大きな街と思われる町明かりが見られますが、ほとんど真っ暗です。と、黒海と思われる真っ暗な闇の中に、真っ赤な橋が浮かび上がります。

2020060220.jpg



そして、突然きらびやかな眩い明かり広がります。海峡のようなものが見えますが、これがボスポラス海峡?

2020060221.jpg



この海峡に沿って、飛んでいきます。

2020060222.jpg



長い橋が赤と紫でライトアップされ、その美しさにビックリ。

2020060223.jpg



これがイスタンブール?!

2020060224.jpg



見渡す限り、光り輝く町並みが広がります。見たことがない夜景です。

2020060225.jpg



しばらく光り輝く町並みが続きます。

2020060226.jpg



と、郊外に出たのか暗くなります。新イスタンブール空港は、ヨーロッパ一のハブ空港を目指して、超大きな空港を建設中とのことで、イスタンブールからはかなり遠いとのことです。徐々に高度を下げていきます。光輝く新空港に着陸。

2020060227.jpg



飛行機から降りるとバスでターミナルへ移動です。空港は、天井も高く、広々と美しいです。

2020060228.jpg



立派な空港ですね。

2020060229.jpg



だだっ広い空港内を歩いていきます。

2020060230.jpg



入国手続きもスムーズに終了し、荷物受け取りへ。そのエリアの広いこと。広過ぎて、どこが受け取りレーンか分かりません。近くにいたスタッフの人に訊くと、スマホで調べてくれます。どこにも表示はなかったような気がします。荷物はスムーズに流れ、我々のカバンと無事にご対面。

2020060231.jpg



2つとも揃います。

2020060232.jpg



カバンとともに出口に向かいます。

2020060233.jpg



歩いていると、日本人からどのレーンで受け取れるのかと尋ねられます。やはり迷っている人がいるようです。

さあ、いよいよ試練の始まりです。この見知らぬ国、初めての空港で両替し、バスのチケットを買い、バスに乗って、イスタンブールの町に向かわないといけません。ぐっと緊張感が高まります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR