fc2ブログ
 
  

ウィーン散策:モーツァルトゆかりの場所を探して

2019年9月9日月曜日@ウィーン/1回目

旅の6日目、ウィーンWienの4日目です。

青空はちょっと見えています。天気予報で言えば「晴れ」という程度には青空は見えていますが、風も冷たく、少し、肌寒さを感じますが、まだまだ、冬は到来していません。
ホテルにはランナーズデスクというコーナーがあり、ベルヴェデーレ宮殿の周りをジョギングするコースの紹介をしています。早朝にジョギングする人も多いのでしょう。

2020071301.jpg



ようやく月曜日でタバコ屋さんも営業しているはずですから、絵葉書を出してきましょう。タバコ屋さんで絵葉書を示すと、領収のスタンプを押して、絵葉書を受け取ってくれます。ここでは、郵便業務をやっているのですね。孫たちに届けてね!

2020071302.jpg



パンを買ってホテルに戻ります。熱い紅茶で、朝食を頂きます。
今日も夜のクルレンツィス指揮ムジカエテルナのモーツァルトのオペラ《コジ・ファン・トゥッテ》までは全くのフリー。ホテルでごろごろしていても仕方がないので、朝食をぱくつきながら、今日の予定を考えます。久しぶりに中央墓地でも行ってみましょうか。このホテルからはSバーンでちょっと行くだけです。それとも・・・

街をぶらついてきましょう。そうだ、モーツァルトのウィーン市内の史跡巡りというのもありますね。ほとんどは行ったところですが、まとめて行ったことはありません。街歩きのテーマは「モーツァルトゆかりの場所を探して」とします。今回の旅はクルレンツィスのモーツァルトのダ・ポンテ3部作のオペラを聴くことですから、当然のテーマでしょう。

身支度を整えて、まずはシュテファンプラッツStephansplatzへ。

2020071303.jpg



旧市街の中心にあるシュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanから街歩きをスタートします。

2020071304.jpg



この大聖堂もモーツァルトゆかりの場所ですが、それは後にします。シュテファン広場から歩き出します。

2020071305.jpg



モーツァルトがウィーンでのキャリアを始めたドイツ騎士団の家DeutschordenHausへ向かいます。ジンガー通りSingerstraßeの先にドイツ騎士団教会Katholische Kirche Deutschordenskircheの塔が見えています。

2020071306.jpg



マクドナルドの前にはシェアサイクルのステーションがありますね。

2020071307.jpg



ジンガー通りの最初の角に差し掛かると、路地の先にシュテファン大聖堂が姿を現します。結局、シュテファン大聖堂の周りをぐるぐる歩いているだけなんですね。

2020071308.jpg



ドイツ騎士団の家の前に着きます。

2020071309.jpg



扉には黒い十字架のドイツ騎士団の紋章が描かれています。

2020071310.jpg



建物の通路に入ると、ドイツ騎士団の施設への入り口があります。

2020071311.jpg



この壁にも黒い十字架の紋章があります。

2020071312.jpg



通路を抜けると、中庭に出ます。建物越しにシュテファン大聖堂の尖塔が聳えています。何のことはない・・・ドイツ騎士団の家はシュテファン大聖堂の裏に隣接しているんです。

2020071313.jpg



中庭に面した建物を見上げると、総ガラス張りの2階と3階の回廊が目に入ります。緑も絡まる美しい建物です。

2020071314.jpg



saraiはこの美しい中庭のベンチに腰かけて、PCで情報をチェック。

2020071315.jpg



ここに滞在していた若きモーツァルトは、それまで仕えていたザルツブルク大司教のコロレド伯爵と決定的な仲違いをして、モーツァルトは自由の身になります(つまり、クビになったわけです)。モーツァルト25歳のときです。これから、彼の早過ぎる死までの10年間をウィーンで過ごします。フリーランスの音楽家としてのモーツァルトの出発点がここです。

この中庭でモーツァルトも色々な思いに駆られたことでしょう。感慨深いです。
この中庭はバルコニー構造の中庭になっていて、パヴラッチェンPawlatschenと呼ばれています。住居の入口をバルコニーから入るようにして、建物のコストを抑えているのだそうです。パヴラッチェンは普通はむき出しになっていますが、ここはガラス張りになっているので、少々高級ですね。

2020071316.jpg



モーツァルトゆかりの地を巡る街歩きはまだ、始まったばかりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR