fc2ブログ
 
  

ウィーン散策:ブルートガッセの中庭、モーツァルト博物館、シュテファン大聖堂

2019年9月9日月曜日@ウィーン/3回目

ウィーンのモーツァルトゆかりの地を巡る街歩きをしています。シュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanからドイツ騎士団の家DeutschordenHausを経て、ブルートガッセBlutgasseの路地の3番地にある通り抜けの中庭に来ています。もっともここはモーツァルトゆかりではありませんが、彼の住居に近いのでふらっと立ち寄ったことはあるかも・・・。
美しいパウラッチェンハウスがある、この中庭には、ウォーキングツアーの一団が来ていて、ガイドの説明を聞き入っています。

2020071501.jpg



壁の下に置いてある石の甕は水を溜めるものでしょうか。これも古いもののようです。

2020071502.jpg



やがて、ウォーキングツアーの一団は立ち去り、バロックの中庭は静謐さを取り戻します。

2020071503.jpg



中庭はウィーンの旧市街の中心にあるとは思えない静かさに満ちて、17世紀のバロックの雰囲気に浸ることができます。

2020071504.jpg



この中庭は通り抜けになっていて、ブルートガッセからグリューナンガーガッセGrünangergasseに抜けることができるようです。

2020071505.jpg



このバロックの中庭からブルートガッセに戻り、少し進むと、ドームガッセDomgasseにぶつかります。そのぶつかったドームガッセの5番地がモーツァルト博物館Wien Museum Mozartwohnung、通称、フィガロハウスFigaro Hausです。この住居でモーツァルトはオペラ《フィガロの結婚》を作曲しました。ダ・ポンテ3部作の一つです。

2020071506.jpg



モーツァルト博物館(フィガロハウス)はドイツ騎士団の家の間近であることが分かり、びっくりです。結局、モーツァルトはこのあたりのウィーンのど真ん中で生活し続けたのですね。都会好きの若者だったわけです。

2020071507.jpg



モーツァルト博物館の中には入らずに外から眺めるだけにします。

2020071508.jpg



ここから、ドームガッセの路地を進むと、2番地の建物の中に通り抜けがあります。

2020071509.jpg



通り抜けると、門のアーチの先にシュテファン大聖堂が見えます。

2020071510.jpg



シュテファン大聖堂の裏に出ます。観光用のフィアカーが客待ちをしています。

2020071511.jpg



目の前にはシュテファン大聖堂が聳えています。シュテファン大聖堂からスタートして、ドイツ騎士団の家を経て、モーツァルト博物館の前を通り、ぐるっと周って、また、シュテファン大聖堂に戻ってきました。

2020071512.jpg



このシュテファン大聖堂にはモーツァルトが亡くなったときに葬儀が行われ、最終的な祝福を受けた「十字架礼拝堂Kruzifixkapelle」がある筈です。どこでしょう。

2020071513.jpg



分かりませんね。ともかく近づいて探してみましょう。

2020071514.jpg



これはフランシスコ会のヨハネス・カピストラーノを記念する彫刻が飾られた「カピストラーノの説教壇Capistrankanzel」です。カピストラーノは1453年のコンスタンティノープル陥落後、オスマン帝国に対して、十字軍を呼び集めて、1456年に一時的に包囲を解かせることに成功しました。その功で彼はローマ法王によって聖人に叙せられました。そこで、ここにバロックの装飾が加えられた記念碑が1737年に置かれることになりました。


2020071515.jpg



その左手には、「歯痛のイエス・キリストZahnwehherrgott」のレプリカがあります。本物は大聖堂の内部にあるそうです。

2020071516.jpg



配偶者は呑気に花屋さんを覗いています。

2020071517.jpg



「カピストラーノの説教壇」の右手に「十字架礼拝堂」を遂に発見!

2020071518.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきます。

2020071519.jpg



「十字架礼拝堂」の前でしばらく、モーツァルトの葬儀を偲びましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR