fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:ピラトゥス登山鉄道のアルプナッハシュタット駅

2019年9月12日木曜日@ルツェルン/3回目

絶好の天気の中、ピラトゥス山Pilatusに向かっています。ルツェルン駅Luzern Bahnhofからツェントラル鉄道Zentralbahnの電車に乗って、登山電車の始発駅、アルプナッハシュタットAlpnachstadに向けて、走っています。フィアヴァルトシュテッテ湖Vierwaldstättersee(ルツェルン湖)の西端にあるアルプナッハシュタットが間近です。

2020081801.jpg



フィアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン湖)の湖岸に沿って、アルプナッハシュタット駅に近づいていきます。

2020081802.jpg



登山電車(ピラトゥス鉄道Pilatusbahn)の駅、アルプナッハシュタットAlpnachstadに到着。ホームに降り立ちます。

2020081803.jpg



大勢の観光客がこの駅で降ります。

2020081804.jpg



ホームの出口は斜路になっています。人の流れに乗って、そちらに向かいます。

2020081805.jpg



ぞろぞろと斜路を下って、地下通路に向かいます。

2020081806.jpg



地下通路を通って、登山電車の始発駅のほうに向かいます。

2020081807.jpg



駅前の広場に出ます。ここは観光の基地みたいなところで、チケット売り場や案内所など押しかけてくる観光客を待ち受ける準備はばっちりできています。

2020081808.jpg



これが地下通路からの出口です。次々と人がやってきます。

2020081809.jpg



ルツェルン駅のツーリストインフォメーションのスタッフのおばさんの丁寧な案内のお蔭でこの広場のパラソルの下のチケット交換所でいちはやく、登山電車のチケットを交換します。これが交換してもらった登山電車とロープウェイの共通チケットです。(右がチケットの表、左が裏、表にはバーコードがあります。)

2020081810.jpg



さっそく、登山電車の始発駅に向かいます。駅舎の裏に急角度で停車している真っ赤な登山電車の姿が見えています。

2020081811.jpg



一番でチケットを交換できたお陰で、次の登山電車を待つ行列の先頭に立ちます。次の登山電車はあと10分後の10時45分に乗車開始で10時55時に発車だと立札に書いてあります。

2020081812.jpg



行列の先頭に立って、登山電車の駅前の広場を眺めます。木立の向こうに鉄道駅があります。

2020081813.jpg



広場の真ん中に青いパラソルが見えていますが、あれがチケット交換所。左手に行列ができていますが、あれはここで登山電車のチケットを買う人の行列です。

2020081814.jpg



行列の先頭にsaraiが並んでいて、配偶者は行列を離れて、うろうろと駅前の様子を取材しています。既にsaraiの後ろの列が伸び始めています。

2020081815.jpg



急勾配のホームでは登山電車が出発の準備中です。

2020081816.jpg



配偶者がsaraiの近くに戻ってきます。行列は10人以上になっています。

2020081817.jpg



saraiが行列の先頭をキープしています。

2020081818.jpg



配偶者も行列に加わって、乗車開始を待ちます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR