fc2ブログ
 
  

若き日のモーツァルトのヴァイオリン作品・・・大谷康子&東京交響楽団:モーツァルト・マチネ 第42回@ミューザ川崎シンフォニーホール 2020.8.22

今日は朝11時からのミューザ川崎でのモーツァルト・マチネ。朝が弱いsaraiには毎回、結構きつい時間帯のコンサートです。今日のモーツァルト・マチネでも、一部、寝落ちしましたが、全体としては気持ちよく聴けました。いい意味でも悪い意味でも、すっきりしたモーツァルトらしい演奏でした。東響は相変わらず、美しいアンサンブルの響きを聴かせてくれました。

まず、2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネです。モーツァルトが18歳のときの作品です。若いころの作品ですが、ヴァイオリン協奏曲などもすべて10代の頃に書かれているので、若書きというほどのことはありません。実は初聴きですが、モーツァルトらしい馴染みやすい作品なので、気持ちよく聴けます。題名は《2つのヴァイオリンのための》となっていますが、協奏交響曲のような感じです。実際、ソロ楽器は2つのヴァイオリンのほかにオーボエとチェロが大活躍します。とりわけ、荒絵理子のメリハリがあって、気迫に満ちた演奏に聴き惚れました。演奏機会の少ない作品を聴けて満足でした。

最後は、ヴァイオリン協奏曲 第5番「トルコ風」です。この有名な作品が美しい演奏で聴けて、楽しめましたが、モーツァルトと言えば、クルレンツィスのようにもっと本質に切り込んで、新たな姿を見せてほしいものです。気持ちよく聴いて、少し寝落ちしてしまったことへの言い訳けめきますが、やはり、美しく演奏できるのは当たり前で、現代にモーツァルトを演奏するのなら、それもこんなにポピュラーな作品を演奏するのなら、何か聴くものにおっと思わせるものを提示してほしいものです。今や、日本の音楽界は世界的に高いレベルにあるので、そういう挑戦は必須だと思う、贅沢な聴衆からの高いレベルの注文です。演奏自体はパーフェクトでした。


今日のプログラムは以下です。

  指揮/ヴァイオリン:大谷康子
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:水谷晃

  <オール・モーツァルト・プログラム>

  2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 K.190(186E)
  ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 「トルコ風」 K.219

   休憩なし


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目の2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネを予習したCDは以下です。

 ユリア・フィッシャー、ゴルダン・ニコリッチ、ヤコフ・クライツベルク指揮オランダ室内管弦楽団 2007年2月、メノナイト教会、ハーレム、オランダ セッション録音

特に個性が前に出た演奏ではありませんが、水準以上の演奏ではあります。


2曲目のヴァイオリン協奏曲 第5番「トルコ風」を予習したCDは以下です。

 アンネ=ゾフィー・ムター、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル 1978年2月 ベルリン、フィルハーモニー セッション録音

ムターが14歳で録音した記念すべきデビュー盤です。後年、2005年にロンドン・フィルを弾き振りしたCDは実は秘かに愛聴している個性的な演奏ですが、このデビュー盤ではとても素直に清純な演奏を聴かせてくれます。カラヤンもそっと包み込みように優しく伴奏しています。こういう演奏も好きですが、繰り返し聴きたいのは姉御のムターのやりたい放題の演奏のほうです。何と言っても聴いていて楽しめますからね。でも、ちゃんとモーツァルトからは逸脱していません。以前、今年亡くなった母に演奏者名を伏せて、2005年のムターの弾き振り盤を聴いてもらいましたが、好きな演奏だと言ってくれました。何か嬉しかった思い出です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR