fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:登山電車は美しい景色の中、草原から岩山へ

2019年9月12日木曜日@ルツェルン/7回目

絶好の天気の中、ピラトゥス山Pilatusに向かっています。ピラトゥス鉄道Pilatusbahnの始発駅、アルプナッハシュタットAlpnachstadからピラトゥス山頂のピラトゥス・クルムPilatus Kulm駅に向けて、登山電車が急勾配の線路を登っていき、途中駅のエムジーゲンÄmsigen駅を通り過ぎるところです。
傍らには、アルプスの絶景が見えています。

2020082301.jpg



この駅のあたりをハイキングしている人たちの姿も見えます。ハイキングには絶好の日和でしょう。

2020082302.jpg



駅の周辺は放牧地になっていて、ちょうど、牛たちが草原で草を食べています。

2020082303.jpg



駅を過ぎると、また、登山電車は急峻な斜面を登っていきます。

2020082304.jpg



この登山鉄道は世界一急な勾配を登るそうですが、このあたりの急勾配は驚くほどです。以前は蒸気機関車が牽引していたそうですが、よくまあ、こんな急勾配を登ったものです。

2020082305.jpg



ロッヒャー式ラックレールを使って、ゆっくりとですが、着実に急勾配を上っていきます。

2020082306.jpg



右手の車窓には急峻な山の斜面、というよりも崖が見えています。緑に覆われているので、厳しい自然もその表情を和らげています。

2020082307.jpg



急な斜面には凛とした針葉樹の木々がしっかりと根を張って茂っています。

2020082308.jpg



登山電車はなおもラックレールの歯車をがちがちと嚙み合わせながら、ぐんぐんと急角度で斜面を登っていきます。

2020082309.jpg



左手の岩山の迫る狭い草原の中を重そうなリュックを背負ったハイカーが山道を登っていきます。自分の足でピラトゥス山に登るようですね。ハイキングではなく、登山ですね。

2020082310.jpg



このあたりは草原と岩山の境界のようです。

2020082311.jpg



青空に向かって、急峻な岩山がすっくと聳えています。

2020082312.jpg



登山電車の前方にも岩山が迫ってきます。

2020082313.jpg



草原の周りにも大きな岩塊が目立っています。

2020082314.jpg



やがて、左手の車窓に岩山の前に広がる岩の点在する草原が見えます。このあたりが放牧地の最高地点のようです。

2020082315.jpg



岩場と草原の入り混じる絶景です。

2020082316.jpg



やがて、草原の先に岩山の山頂が見えてきます。あれがピラトゥス山の山頂でしょうか。山頂には何かマストのようなものが立っています。

2020082317.jpg



ピラトゥス山の山頂駅、ピラトゥス・クルムへも残り僅かです。登山電車は喘ぎながら、急勾配を元気よく、ラックの歯車の音を響かせながら、登っていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR