fc2ブログ
 
  

祝!室内楽の殿堂、再開:第1弾は澤クヮルテット@鶴見サルビアホール 2020.10.5

今や、弦楽四重奏の殿堂とも言える100席限定の鶴見サルビアホール(音楽ホール)ですが、コロナ禍の影響で2月の公演を最後にずっと、SQSサルビアホール・クァルテット・シリーズは中止に次ぐ中止。今回、日本人カルテットによる再開となりました。ほぼ8か月ぶりです。それでも、今回は席数を半減して50席だけでの公演です。極めつけの室内楽ファンが集結した感じです。

やはり、久しぶりに聴く、このホールは実によく響きます。初めて聴く澤クヮルテットはその響きを使って、美しいアンサンブルを聴かせてくれます。あまりの心地よさにモーツァルトが生きた頃のウィーンの貴族の屋敷で室内楽に耳を傾けている錯覚に襲われます。実際、今日はたった50人ほどで聴いているのですから、そう思えても当然でしょう。在りし日のウィーンにタイムスリップしているうちにふっとsaraiの意識も飛んでしまい、モーツァルトの名曲もジ・エンド。これ以上の感想は書けません・・・。

換気のためにここで短い休憩。まだまだ、コロナの影響は免れませんね。

2曲目のドビュッシーの名曲もただただ、心地よい響きに身を委ねて、在りし日のパリにタイムスリップ・・・で、感想なし。

ちゃんとした休憩後、後半のプログラム。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第9番 「ラズモフスキー第3」です。これも在りし日のウィーンのラズモフスキー伯爵邸にタイムスリップしますが、今度は何とか意識は持続します。これも澤クヮルテットの美しい響きが光ります。もちろん、世界の一流のカルテットと比べると完璧でない部分もありますが、このベートーヴェンの傑作の、傑作たる所以は十分過ぎるほど、心に響きます。saraiもベートーヴェンの弦楽四重奏曲の後期作品を愛する者の一人ですが、この中期のいわゆる傑作の森に書かれた作品の素晴らしさに今更ながら、驚嘆します。イ短調の第2楽章の奥深い抒情・・・残念ながら、今日の演奏は少しあっさりしていて、うっとりというわけにはいきませんが、そこは想像力を働かせながら、鑑賞します。そして、第4楽章の物凄い迫力のフーガに感嘆します。

やっぱり、ここで聴く弦楽四重奏曲は最高です。こんな響くホールで、コロナ禍ゆえのたった50席の贅沢。主催者のご苦労は分かりますが、ただただ、そのご努力に感謝するのみです。
次回は最愛のロータス・カルテットですが、日本人以外の入国は認められないために一人欠けて、ロータス・トリオ。これもコロナ禍ゆえの特別プログラム。楽しめそうです。既に50席は完売だそうです。


今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:澤クヮルテット
   澤 和樹 vn  大関博明 vn  市坪俊彦 va  林 俊昭 vc

   モーツアルト: 弦楽四重奏曲 第19番 K.465「不協和音」

   《短い休憩》

   ドビュッシー:弦楽四重奏曲 Op.10

   《休憩》

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 Op.59-3「ラズモフスキー第3」

   《アンコール》
    モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番変ロ長調K.458『狩』 より、第3楽章 Adagio

最後に予習について触れておきます。
1曲目のモーツアルトの弦楽四重奏曲 第19番「不協和音」は以下のCDを聴きました。

 アマデウス弦楽四重奏団 1966年5月録音 ベルリン、UFAスタジオ

素晴らしい演奏とそれに音質が最高。何も言うことがありません。


2曲目のドビュッシーの弦楽四重奏曲は以下のCDを聴きました。

 エマーソン・カルテット 1984年録音

エマーソン・カルテットらしい美しい響きと最高のテクニックでドビュッシーの素晴らしさを満喫させてくれます。


3曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第9番 「ラズモフスキー第3」は以下のLPレコードを聴きました。

 ブダペスト弦楽四重奏団 1958年録音

このLPレコードは今年、全集盤を購入し、全曲聴き通したばかりですが、また、聴いてみました。第2楽章の深い味わい、第4楽章の圧倒的な迫力、凄いですね。匹敵するのはブッシュ四重奏団の演奏くらいなものです。この予習を終えて、バルトークの弦楽四重奏曲第1番(ハンガリー四重奏団)を聴きましたが、バルトークがベートーヴェンの後期作品のように思えてしまいました。弦楽四重奏曲では、ベートーヴェンとバルトークが圧倒的に素晴らしい!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR