fc2ブログ
 
  

アルプスをハイキング:BLM鉄道の中間駅、ヴィンターエッグでのベルナーオーバーラント三山の眺め

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/8回目

インターラーケン・オストInterlaken OstからラウターブルンネンLauterbrunnen経由でミューレン村Mürrenを訪れ、短時間の散策後、再び、BLM鉄道の登山電車に乗って、ラウターブルンネンに戻ります。途中の駅、ヴィンターエッグWintereggでいったん下車し、ベルナーオーバーラントBerner Oberlandの三山、アイガーEiger、メンヒMönch、ユングフラウJungfrauを眺めようとしているところです。
この駅で下車したのは僅か数人だけです。

2020102601.jpg



駅前すぐのレストランからの見晴らしがとても良さそうですが、まだ開店前。それは諦めて、反対側の高みに上って、ベルナーオーバーラント三山を眺めます。ちょうどメンヒの上に朝日が顔を覗かせて、メンヒは光の中に埋没して、両側のアイガーとユングフラウだけが見えています。

2020102602.jpg



いろんな角度から、3つの山を撮りまくります。今度はなんとかメンヒも眺められます。

2020102603.jpg



朝日で光り輝くベルナーオーバーラント三山ですが、目の前の草原ではのんびりと牛が草を食んでいます。

2020102604.jpg



今立っているのは線路から少しあがったところで、ミューレンからグリュッチアルプGrütschalpへと続く未舗装道路の脇です。斜面の草原では牛が草を食べています。

2020102605.jpg



saraiは草原に座り込んで、一心に山の姿を撮影中。被っている帽子はピラトゥス山で記念に買ったものです。

2020102606.jpg



撮った写真がこれ。ちょうど朝日が山陰から顔を出す時で、太陽がまぶしくてなかなかよい写真が撮れません。

2020102607.jpg



次はBLM鉄道の線路越しに朝日のベルナーオーバーラント三山を眺めます。朝日に輝くアルプスということで満足しましょう。滅多に見られない絶景ではありますね。

2020102608.jpg



あまりの絶景に、写真を撮るのも忘れて、呆然とベルナーオーバーラント三山を見入るsaraiです。頭のすぐ左がメンヒ、その左にアイガー、そして、右側にユングフラウ。三山とsaraiが一体化したかごとくです。

2020102609.jpg



我に返ったsaraiがターゲットに狙うのはユングフラウヨッホJungfraujoch。ぐっとズームアップしてみます。ユングフラウの雪の稜線上にこぶのようになっています。

2020102610.jpg



これって、本当にユングフラウヨッホでしょうか?

2020102611.jpg



ベルナーオーバーラント三山に夢中になっていると、グリュッチアルプの方向から道を走ってくる自転車野郎たちが近づいてきます。

2020102612.jpg



元気いいですね。坂道をぐんぐん上ってきます。配偶者が愛想よく手を振ると、彼らも挨拶を返してくれます。

2020102613.jpg



どうやら韓国人の若者の一団のようです。海外では韓国人の若者の活躍が目立ちます。彼らがさっと通り過ぎていくのを見て、日本の若者も飛躍せよと願いたくなります。

2020102614.jpg



うわっ、陽が上っていきますね。メンヒの上で太陽が盛大に輝きます。三山は朝日を背景に黒々とした山肌を見せています。

2020102615.jpg



まだ、この駅に次の登山電車が来るまで残り8分ほどあります。場所を変えながら、眺めを楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR