fc2ブログ
 
  

秋の箱根ちょこっと旅・・・山のホテルの庭園散策、そして、美味しいお茶

秋の箱根、ちょこっと旅をしています。
2日目は箱根をぐるっと大周遊します。強羅~早雲山~桃源台~元箱根とケーブルカー、ロープウェイ、海賊船で移動し、元箱根港からは送迎バスで、山のホテルを訪れました。お茶するのが目的ですが、有名なホテルを見物するのも目的のひとつです。これまで何度も近くを通り過ぎましたが、訪れたことはなかったんです。

まずはお茶するためにエントランスからロビーに下りていきます。なかなか豪華な設えですね。

2020110901.jpg



ところが、あろうことか、満席。みなさん、ゆったりと座っているので、とても満席には思えませんが・・・。しかも待ち行列ができているとのことで、席に着くためには30分ほど待たなくてはいけないとのことです。スタッフの綺麗なお姉さん(マスクをしているので顔は分かりませんが、雰囲気が・・・)に柔らかく言われると黙って従うしかありません。時間を確認し、予約だけして、席を待つ間、ホテルのお庭を散策してきましょう。ロビーの前の扉を抜けると、庭に出ることができます。出たところで建物を振り返ると、ロビーのカフェのテラス席が見えます。うーん、日本とは思えないくらいのお洒落さですね。

2020110902.jpg



庭に出て、山のホテルの建物を見上げます。このホテルは三菱グループの創始者、岩崎彌太郎の甥である岩崎小彌太男爵が1911年(明治44年)に建てた別邸をもとに1948年に開業しました。当時の建物はジョサイア・コンドルが設計した石造りの建物が1923年に関東大震災で壊れた後に木造でコンドルの設計をもとに建て替えられたものでした。現在の建物は1959年に改築された建物が老朽化したため、取り壊された後に1978年に建て替えられたものです。比較的、新しい建物なんですね。

2020110903.jpg



ジョサイア・コンドルが当初、設計した石造りの別邸を参考のために見ておきましょう。今、これが残っていれば最高なんですけどね。ちなみに岩崎男爵がこの地に別邸を構えた目的はケンブリッジ大学に留学していたときに覚えた狩猟を思う存分、楽しむことだったそうです。ですから、ここで手に入れた土地は10万坪もあったそうです。金持は考えることが違うものだと感心します。

2020110904.jpg



庭園を進むと、木々の間から芦ノ湖が顔を覗かせます。

2020110905.jpg



庭園の奥にはバラ園があります。

2020110906.jpg



バラ園の前には小さなチャペルがあります。ロマンティックな結婚式になりそうですね。

2020110907.jpg



バラ園からの山のホテルの建物の眺めです。額縁から覗きます。

2020110908.jpg



花好きの配偶者は色とりどりのバラを眺めています。

2020110909.jpg



色んなバラが咲いています。秋バラです。

2020110910.jpg



黄色いバラもありますね。

2020110911.jpg



そろそろ、ホテルの本館に戻りましょう。ホテルの前に立つ7本ほどの高い木が見事な姿です。

2020110912.jpg



まだ、予定の時間までは10分近くありますが、喫茶ロビーの近くに行くと、さっきの女性スタッフが目ざとく我々を見つけて、XX様、もうお席の準備ができましたと声を掛けてくれます。意外に早く席が空いたようです。早速、空いた席に案内してもらいます。贅沢な空間の中で落ち着きます。

2020110913.jpg



配偶者は何故か、マロンラテをオーダー。美味しかったそうです。

2020110914.jpg



saraiは普通にケーキセット。シュークリームが何故か、無性に食べたくなったんです。ドリンクはアイスコーヒー。狙い通り、普通に美味しいシュークリームでした。

2020110915.jpg



お腹が満たされたところで、ホテルを出発しましょう。ホテルの玄関に行くと、送迎バスが出発したばかりです。20分待ちですね。と、大きなバスがやってきます。これは路線バスです。桃源台から来たバスです。午後に最初に出発したバスはこの時間に着くんですね。やはり、海賊船で来たのが正解でした。

2020110916.jpg



この後、箱根旧街道石畳に向かいますが、山のホテルの送迎バスの運転手さんの親切さが身に沁みることになります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!






テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR