fc2ブログ
 
  

ゴールデン・パスライン:MOB鉄道の豪華列車に乗って、シャンパンで乾杯!

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/26回目

メンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggまで、アルプスのハイキングを楽しんだ後、インターラーケン・オストInterlaken Ostからレマン湖畔のモントルーMontreuxまで、
ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅をしているところです。

最初の区間、インターラーケン・オストからツヴァイジンメンZweisimmenまでのBLS鉄道の旅を終え、いよいよ、モントルーMontreuxまで走るMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)のオリエント急行風のノスタルジックなクラシック車両に乗り込みます。予約を入れていたので、難なく指定席に座れます。指定されていることを示す赤い布がかけられています。

2020120401.jpg



乗り込んだ車両はまるでオリエントエキスプレスのようなゴージャスな雰囲気です。まずは乗車前に買ったコカ・コーラで喉を潤しましょう。

2020120402.jpg



車両内は空いていて、静かな雰囲気であることを予想していましたが、とても混み合っています。ロシア人の若い女性がたくさん乗っていますが、まさか昨日のオペラの合唱団ではないでしょうね。彼女たちは皆、大きなスーツケースを持っていて、車内は人と荷物でいっぱいになっています。リッチな鉄道旅の雰囲気ではなく、残念な思いです。しかし、発車後、10分を過ぎた頃に車内に動きがあり、ロシア人の女性たちは席を立ちます。通路を挟んだ向かいの4人掛けの席も空きます。

2020120403.jpg



次の駅、ザーネンメサーSaanenmöserに到着します。

2020120404.jpg



この駅でロシア人女性たちはどっと下車していきます。一気に車内は空きます。我々も今まで座っていた二人掛けの予約席から4人掛けの席に移動して、ゆったりとします。予約席以外は自由に座っても構いません。これが今まで座っていた席です。

2020120405.jpg



電車は美しい風景の中を走ります。豪華内装の席にゆったりと座り、その風景を楽しみます。

2020120406.jpg



山に挟まれた草原の中を豪華列車は走っていきます。

2020120407.jpg



山の間の狭い平地を電車はカーブを描き、縫うように進んでいきます。

2020120408.jpg



せっかくの豪華列車ですから、祝杯も挙げたくなります。車内メニューをチェックします。

2020120409.jpg



これがおつまみのメニューです。

2020120410.jpg



豪華にシャンパンとそのおつまみセット(チーズ、生ハム、燻製の肉など)をオーダーします。
車窓の美しい風景を眺めながら、オーダーした品が運ばれてくるのを待ちます。

2020120411.jpg



車内は今や、ガラガラに空いています。

2020120412.jpg



この豪華列車のファーストクラスの車両には数人が乗っているだけです。

2020120413.jpg



やがて、可愛い女性が料理とシャンパンを持ってきてくれます。

2020120414.jpg



清算をカードでお願いすると、キャッシュだけなんだけど持ってる?と、とっても心配そうにします。お腹に巻きつけているセキュリティポーチからキャッシュを取り出して、あったよというと「フ~、よかった」と身振りも大袈裟にほっとしたようです。さあ、にわかの祝宴です。今日の素晴らしい一日に乾杯です。

2020120415.jpg



これがおつまみ。チーズに生ハムというお決まりのものですが、美しい風景の中を走る豪華列車の中でいただくと気分が違います。

2020120416.jpg



シャンパンはテタンジェ(TAITTINGER)です。アルプスにふさわしい爽やかな味をスイスの風景の中で楽しみます。

2020120417.jpg



ゴールデンパスラインのルートを確認しておきましょう。

2020120418.jpg



レマン湖畔のモントルーまで、あと1時間ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

Steppkeです。

その時のハンナはMara Mastalir(マーラ・マスタリル)で、ヴァランシエンヌはRebecca Nelsen(レベッカ・ネルセン)でした。ちなみにダニロはMarco Di Sap

05/22 00:24 Steppke

Steppkeさん、こんばんは。

専門的なコメント、ありがとうございました。

2015年の新国立劇場のこうもりは経歴に書かれていました。その公演を見られたんですね。

フォ

05/21 03:12 sarai

sarai さん、こんにちは。Steppke です。

マヌエラ・レオンハルツベルガー(Manuela Leonhartsberger)には、2回遭遇しています。

1回目(2015年2月)は、新国立劇場の

05/20 22:33 Steppke

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR