fc2ブログ
 
  

リヨンの朝、街歩きに出発

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ

旅の15日目、フランスの旅の始まりの町、リヨンLyonの2日目です。昨夕にこの町に着き、ブションの人気店で美食を堪能し、訪問の目的は果たしました。今朝はこの町を散策し、お昼のTGVでカルカソンヌCarcassonneの城塞都市ラ・シテcitéに向かいます。フランス周遊の旅、10日間が本格的に始まります。

リヨンの朝です。昨日の真夏のような暑さはどこへやら、風も冷たく寒いです。
12時過ぎの電車でカルカソンヌに向かうので、それまでリヨンの街歩きをしましょう。荷物を片付け、ホテルをチェックアウトして、レセプションで荷物を預かってもらって出かけます。気持ちの良い所で、朝ごはんでも頂きましょう。
前回のリヨン訪問ではフラヴィエールのノートルダム大聖堂La Basilique Notre Dame de Fourvièreを訪れただけで、リヨンの町自体はほとんど見ていません。体調不良でしたからね。ということで午前中、リヨンの旧市街を散策します。と言っても、たまった疲れから、早起きできず、ホテルから町歩きに出発したのはほぼ10時。11時過ぎには駅に向かわないといけないので、1時間強のミニ町歩きになります。
ホテルを出て、ソーヌ川に向かいます。歩道だけの橋、パセレル・デュ・パレ・ジュスティスPasserelle du Palais de Justiceのアーチが見えてきます。その向こうには、フラヴィエールのノートルダム大聖堂が見えています。

2020122701.jpg



ノートルダム大聖堂をズームアップ。美しい佇まいです。

2020122702.jpg



橋を支えるワイヤです。歩行者専用の橋ですが、頑強に造られています。

2020122703.jpg



ソーヌ川の河畔には、朝市が立っています。

2020122704.jpg



美味しそうな果物も並んでいます。

2020122705.jpg



キノコもありますね。日本のスーパーではお目にかかれないようなキノコです。

2020122706.jpg



歩行者専用の橋、パセレル・デュ・パレ・ジュスティスに向かいます。

2020122707.jpg



昨夜は分かりませんでしたが、この橋は立派な吊り橋です。

2020122708.jpg



橋に上がり、朝のソーヌ川を眺めます。川縁には散策用の木製のデッキが続いています。そぞろ歩きによさそうです。

2020122709.jpg



反対方向を眺めると、昨日、渡ったボナパルト橋Pont Bonaparteが見えています。

2020122710.jpg



歩行者専用にはもったいないような橋を歩いていきます。

2020122711.jpg



ノートルダム大聖堂を頂上に頂くフラヴィエールの丘が見渡せます。立派なバロック風の建物が並んでいます。

2020122712.jpg



橋の正面にはリヨン控訴裁判所Cour d'Appel de Lyonがあります。控訴審を受け持つ高等裁判所です。裁判所の建物越しにノートルダム大聖堂が望めます。

2020122713.jpg



橋を渡り終えると、袂に昨夜も見た彫像が目を惹きます。《自分自身の重さ》The Weight of Oneselfと題された彫像です。再度、書きますが、この彫像は二人の男性が彫られていますが、実はこれはどちらも同じ男性です。一人の男性が自分自身を腕に抱えている姿です。2013年に造られたこの彫像は社会に直面して自分の運命について己に問いかけることによって、自分自身を救おうとする男を象徴的に現した像だそうです。いかにもフランスらしい哲学的な題材の彫像です。

2020122714.jpg



橋の前はちょっとした広場になっています。その一角に彫像があります。

2020122715.jpg



広場の前は裁判所の大きな建物です。

2020122716.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020122717.jpg



ソーヌ川を渡ったところで、まずはサン・ジャン大聖堂Cathédrale Saint-Jean-Baptisteへ向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR