fc2ブログ
 
  

saraiの音楽総決算2020

今年もブログの締めくくりはsarai恒例の音楽総決算です。いつもはジャンル別にランキングしますが、今年は特別な年。コロナ禍のために聴いたコンサートは半減し、ほぼ50回。海外遠征もなしです。コンサートの思い出もある意味、コロナ絡みです。そういうわけで、全ジャンルまとめて、ベスト10のコンサートを選出します。今年の特徴は日本人音楽家を中心に聴き、特にピアニストの活躍が目立ちました。日本人ピアニストのレベルの高さは驚異的とも思えます。ランキングに入れなかったピアニストもみな素晴らしかったです。

では今年の厳選したコンサートのベスト10は以下です。

1位 底知れぬ実力のマツーエフのプロコフィエフ、そして、ゲルギエフ&ウィーン・フィルの「悲愴」の深い慟哭に共感と感動@サントリーホール 2020.11.10

2位 庄司紗矢香の空前絶後のショスタコーヴィチに驚愕! サロネン&フィルハーモニア管弦楽団@東京芸術劇場 2020.1.28

3位 1年ぶりに帰ってきたジョナサン・ノット、再び、東京交響楽団との第九を振る@サントリーホール 2020.12.28

4位 ブラームスの晩年の名作、至高の演奏 アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル@東京オペラシティ コンサートホール 2020.3.19

5位 伝説的なピアニストが描くのは実存的な世界 アンドレイ・ガヴリーロフ ピアノ・リサイタル@横浜上大岡ひまわりの郷ホール 2020.11.23

6位 究極のポリフォニー音楽、ロ短調ミサ曲は平和を希求する!:バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル 2020.9.20

7位 すべてを超越した精神的境地のベートーヴェンを詩情豊かに表現 田部京子シューベルト・プラス特別編《ベートーヴェン生誕250年記念》@浜離宮朝日ホール 2020.12.16

8位 素晴らしいヘンデル《リナルド》の上演 鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2020.11.3

9位 庄司紗矢香は音楽の求道者 庄司紗矢香&ヴィキングル・オラフソン デュオ・リサイタル@横浜みなとみらいホール 2020.12.13

10位 東響の川崎定期も再開! 田部京子の圧巻のピアノ@ミューザ川崎シンフォニーホール 2020.6.28


今年の大賞はゲルギエフ&ウィーン・フィルのチャイコフスキー《悲愴》にしましたが、2位から4位までの庄司紗矢香、ジョナサン・ノット、アンドラーシュ・シフは遜色がなく、どれを大賞にしてもおかしくない演奏でした。また、ランク外になった河村尚子、メジューエワ、上原彩子、小菅優、伊藤恵、岡田奏などのピアニスト、ヴァイオリニストの辻彩奈もベスト10にしてもおかしくないレベルの素晴らしい演奏でした。

ウィーン・フィルはコロナ禍のなかで奇跡の来日。本国でも演奏できない状況下、実に熱のはいった演奏で胸が熱くなりました。ゲルギエフの《悲愴》に込めた思いも凄まじいものでした。隣席で聴いていた見知らぬ女性が終演後、ウィーン・フィルが来てくれたことに感動して嗚咽していたことが忘れられません。音楽の力を再認識しました。

庄司紗矢香は現在途轍もない音楽的高みに立ち、コロナ前のショスタコーヴィチの協奏曲でも年末のバルトークのソナタでも究極の音楽を聴かせてくれました。

ジョナサン・ノットはようやく年末ぎりぎりに1年ぶりにその姿を見せてくれました。こんなに日本の聴衆に愛された指揮者がいたでしょうか。コロナで聴けなかった音楽家で一番残念だった人です。

コロナ発生時にコンサートを強行してくれたのがシフ。彼の後期ブラームスが聴けたのが今年の最大の収穫でした。2回に渡るコンサートでのブラームス、バッハは最高でした。

アンドレイ・ガヴリーロフもコロナ禍のなか、奇跡の来日を果たしてくれて、そのヴィルトゥオーソ的な演奏には驚愕しました。シフとガヴリーロフが聴けたので、今年は満足しないといけませんね。

BCJは今年創立30周年で盛り沢山な公演を予定していました。ほぼ、すべて、聴けて満足です。海外からの歌手は参加できませんでしたが、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。日本の宝だと思っています。

田部京子はコロナのお陰でたくさん聴けました。それだけは収穫です。ベートーヴェンの後期ソナタは最高だったし、協奏曲もすべて素晴らしい演奏でした。これを機にもっと活躍してほしいと思います。

最後にヘンデルの《リナルド》。日本人だけでバロックオペラが最高の形で演奏できたのは素晴らしい。これも大賞候補でした。鈴木優人の無限の才能にも期待しています。

来年の感動に期待しながら、今年の総括は幕としましょう。

今年も当ブログを読んでいただいたみなさんには感謝です。また、来年も引き続き、ご愛読ください。


saraiはこれから、みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートに出かけます。今年は音楽で年越しとはなりませんが大変だった1年を音楽でしめくくります。

皆さま、よいお年を!!


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR