fc2ブログ
 
  

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートから帰ってきたところです。今年は例外的に年越しのコンサートになりませんでしたが、粋なはからいでコンサートホールの中の時間は2時間、タイムシフトしました。ホールの巨大なパイプオルガンがR.シュトラウスの《ツァラトゥストラはかく語りき》の強烈な響きを挙げるとともに2時間、タイムジャンプしたことを宣言しました。これにより、仮想的に今回もカウントダウンが可能となったんです。めでたく今回もカウントダウンできました。もっとも声を挙げてのカウントダウンはできませんでしたけどね。まあ、仮想的にせよ、雰囲気は年越しコンサートになりました。

最後は恒例のラデツキー行進曲で盛り上がりました。コンサートの詳細は後でアップしますが、十分に楽しめました。セクハラになりますが、綺麗どころの音楽家も揃って華やかなコンサートになりました。
ところでみなとみらいホールは明日から1年10カ月に渡る長期休館にはいるので、来年は残念ながら、みなとみらいホール開館以来続いたジルヴェスターコンサートも途切れます。毎年欠かさずに通い続けたものとしてはやり切れない思いです。来年はミューザ川崎のジルヴェスターコンサートに乗り換えるのかなあ・・・。

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。下記の《いいね》をクリックすると、ポイントが加算されます。今後とも応援をよろしくお願いいたします。25位以内に安定してランクされることが目標です。ぽちっとクリックを毎日お願いします。

さて、今年はどうやらヨーロッパ遠征は難しそうです。来年の5月、昨年の5月に計画していたウィーンでの記念パーティを開催することを目標に生きていきたいと思います。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

 

大晦日は美味しいディナーで・・・・ただし、コロナの今はテイクアウト料理

大晦日は恒例のジルヴェスターコンサート@みなとみらいホールでしたが、既述のように実に異例の仮想時間での年越しになりました。

コンサートに先立って、いつもは1年を締めくくる贅沢なディナーをいただくところですが、今年はコロナの影響で娘夫婦の自宅でテイクアウトのディナーをいただくことになりました。横浜中華街の聘珍楼特性のテイクアウトメニューです。十分過ぎるほどの豪華な料理を1時間半ほどかけて、ゆったりと楽しみました。

まずはイタリア産のスパークリングワインで乾杯。ワイン好きの娘夫婦はワインセラーに常時、色んなワインをストックしており、そのコレクションのなかから美味しそうなワインを提供してくれます。ワイン好きのsaraiには垂涎のワインセラーです。

さて、中華街一番の名店、聘珍楼の料理をいただきましょう。

まずは3種の前菜です。胡瓜の麻辣ニンニクソース和え、黒キクラゲの黒酢あえ、八種野菜のトリュフオイル炒めが並びます。新鮮な胡瓜がとりわけ、美味しい!

2021010101.jpg



同時に点心(焼売、小籠包、エビ餃子、フカヒレイリ餃子、ニラエビ餃子)の皿も並びます。小籠包とエビ餃子は聘珍楼の看板メニュー、美味しくないわけありません。

2021010102.jpg



まだ、前菜も点心も味わっている最中ですが、次の料理も並びます。

上海蟹肉入りフカヒレスープです。これは上海蟹の蟹味噌の味が強烈でとっても美味しいです。一気にいただきます。テーブルセッティングも綺麗ですね。娘のセンスを見直します。

2021010103.jpg



一息入れて、次は大海老の特製マヨネーズソース和え。大きな海老の身がぷりぷりして、マヨネーズソースともよく合っています。

2021010104.jpg



同時に大海老のチリソースも並びます。海老を思いっ切り食べられる幸せ。実は年越しそばも夜中にいただきましたが、天一の大海老の天ぷらと海老のかき揚げ付きだったので、今日は海老尽くしの日でした。

2021010105.jpg



次は季節野菜の蟹肉のあんかけです。蟹たっぷりのあんの美味しいこと。

2021010106.jpg



どんどん行きます。国産牛のチンジャオニュウロースです。だんだん、いっぱいいっぱいになってきます。

2021010107.jpg



最後の〆は海鮮焼きそば普通焼きです。

2021010108.jpg



やっぱり、聘珍楼の焼きそばはいつも最高です。


豪華なディナーを楽しんでいると、もう、みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートの開演時間が迫ってきます。慌てて、開演10分前に駆け込みます。今日は例年と異なり、午後7時開演です。もちろん、最前列に陣取ります。もっとも今年はコロナ対策で1列目が空けてあるので、2列目が最前列です。

ジルヴェスターコンサートは別記事でご紹介します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR