fc2ブログ
 
  

リヨン散策:街の中心、テロー広場、そして、思わず行ってしまったポール・ボキューズ市場

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/6回目

リヨンLyonの朝、街歩き中です。
サン・ジャン通りRue Saint-Jeanをサン・ポール教会Église Saint-Paulまで歩いて、リヨンの旧市街の散策を堪能したところです。
リヨンで予定していた路地散策はこれで完了ですが、ソーヌ川を渡って、リヨンの街の中心地も覗いておきましょう。
ソーヌ川に架かる歩行者専用の橋、パセレル・サン・ヴァンサンPasserelle Saint-Vincentを渡ると、大きくて重厚な建物が立ち並ぶ通りに出ます。

2021010501.jpg



ソーヌ川沿いのサン・ヴァンサン通りQuai Saint-Vincentをフイエ橋Pont de la Feuilléeまで歩き、橋の前で左に折れて、アルジェリ通りRue d'Algérieに入ります。

2021010502.jpg



アルジェリ通りをまっすぐに歩いて、リヨン美術館Musée des Beaux-Arts de Lyonのある一角に向かいます。だんだん、散策できる時間も残り少なくなってきます。というか、朝寝坊したために元々散策できる時間は1時間ほどしかなかったんです。やがて、リヨン美術館の前の大きな広場、テロー広場Place des Terreauxに出ます。広場は改修工事中です。広場の向かいにはリヨン美術館の壮麗な建物があります。

2021010503.jpg



時間があれば、リヨン美術館にも立ち寄りたいところですが、お昼にはTGVでカルカソンヌCarcassonneに向かう予定です。リヨン美術館を見ながら、テロー広場に面する市庁舎Hôtel de Ville de Lyonの大きく美しい建物に向かいます。

2021010504.jpg



テロー広場には素晴らしい噴水があります。バルトルディ噴水Fontaine Bartholdiです。

2021010505.jpg



市庁舎の正面に出ます。1646年にこの市庁舎の建設が始まりました。中央上部にある騎馬像が印象的です。これはリヨンの紋章をいただいたアンリ4世の騎馬像です。

2021010506.jpg



リヨン美術館の建物も近くから眺めます。この建物は元々はダム・ド・サン・ピエール王立大修道院として使われていたものです。1803年に美術館として公開されました。

2021010507.jpg



市庁舎の重厚な建物の横を抜けていきます。

2021010508.jpg



オペラ座Opéra National de Lyonの前に出ます。これも素晴らしい建物ですね。ここでオペラを見たいものです。

2021010509.jpg



ここで散策の持ち時間はなくなります。今日の散策は終了します。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021010510.jpg



急いでホテルに戻りましょう。メトロのC線を1区間乗ろうとしたら、今日は運休中。ならば、バスに適当に乗りましょう。24Hチケットはあるので、バスは乗り放題です。少しは疲れないようにしないとね。ちょうど来たC13番のバスに飛び乗ると、次はメトロの駅。ここで降りればよかったのですが、もう一区間乗ろうと欲が出ます。なるべくホテルの近くで降りたかったんです。ところがこれが間違いの元。あれあれ、バスはなかなか停まらずにローヌ川を渡ってしまいます。まあ、次のバス停で降りて、もう一度、逆ルートのバスで戻ればいいでしょう。しかし、バスの行先を見ると、何とポール・ボキューズ市場Les Halles de Lyon Paul Bocuseの名前があります。リヨンに来て、これは見逃せませんね。リヨンに来た目的は美食ですから、神のような存在のポール・ボキューズの名前を冠した市場は行かないとね。えーい、行っちゃえ。最寄りのバス停でバスを降りると目の前がポール・ボキューズ市場のモダンな建物。

2021010511.jpg



朝からやっているのか心配ですが、扉を開けると、あらゆる食材のお店が整然と軒を並べています。

2021010512.jpg



まるで綺麗なデパ地下のような感じです。なんでもありで楽しそうですが、時間がありません。さっと見て回ります。これは生ハムのお店ですね。

2021010513.jpg



これはフォアグラかな?

2021010514.jpg



これはお菓子屋さん。パティスリーのセバスチャン・ブイエ(Sébastien Bouillet)です。

2021010515.jpg



これはチーズ専門店。

2021010516.jpg



これはイタリアンの食材店かな?

2021010517.jpg



このお店は色んなお惣菜が並んでいます。どれも美味しそうですね。

2021010518.jpg



おおっ、ここは生牡蠣がありますね。

2021010519.jpg



これは肉屋さんですが、何の肉? 子羊とかがあるようです。

2021010520.jpg



またまた、チーズ屋さん。「リシャールの母」と呼ばれるルネ・リシャール(Renée Richard)氏のチーズ屋さんです。

2021010521.jpg



よだれが流れそうですが、時間もないので、見るだけで目を楽しませ、見学終了です。ギリギリまで粘ってしまうのがsaraiの悪い所だと配偶者に責められます。無理して来なくてもよかったとも言われます。それはそうですが、リヨンでポール・ボキューズの名前を見ると、見ておきたくなりますよね。

さあ、今度こそ急いでホテルに戻りましょう。ところがこれがなかなか大変だったんです。予定したTGVに乗れるか、ぎりぎりの勝負になります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR