fc2ブログ
 
  

カルカソンヌ:コンタル城から城壁の上へ、そして、城壁散歩を開始

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/14回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのコンタル城Château Comtalを訪れ、城壁の上に上って、眺めを楽しんでいます。
今は城郭の塔の見晴らし台から城壁越しにカルカソンヌの町の風景を見下ろしています。

2021011401.jpg



これが城郭の塔の上の様子です。

2021011402.jpg



音が響いてくるので上空を見上げると、ジェット旅客機が飛んでいます。トゥールーズ空港に向かっているようです。古いお城とジェット機の組み合わせは妙な違和感があります。

2021011403.jpg



城郭の内部の通路を通って、城壁近くに出ます。

2021011404.jpg



城壁は2重になっていて、外側の城壁の先に丘の下に続く通路が見えます。城門があるのでしょう。通路の先には、サン・ジメ教会l'Église Saint-Gimerが見えます。

2021011405.jpg



2重の城壁の間には道があり、城門もあります。

2021011406.jpg



再び、サン・ジメ教会とその先のカルカソンヌの街並みを眺めます。

2021011407.jpg



城郭内には大砲が置いてあります。

2021011408.jpg



この丸い石は砲弾でしょうか。

2021011409.jpg



何やら彫像も展示されています。

2021011410.jpg



城郭から直接、城壁に移動できないので、いったん、中庭に下りて、再度、別のルートから城壁に上ります。

2021011411.jpg



再び、城壁の上に上がります。2重の城壁の内側の城壁です。このあたりはコンタル城の外部、北側の城壁です。

2021011412.jpg



城壁の上からコンタル城の堅固な塔と石壁を眺めます。先ほどはあの塔の上からこの城壁を眺めていました。

2021011413.jpg



城壁の塔の中に入ります。

2021011414.jpg



この塔を抜けると、城壁はさらに続きます。

2021011415.jpg



これが今、抜けてきた塔です。

2021011416.jpg



ここから、本格的に城壁の上を歩いて、城塞都市ラ・シテの周りを廻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

栗原祐樹

04/17 06:50 大松伸洋

奈良大仏

04/17 06:50 奈良大仏

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR