fc2ブログ
 
  

ミディ運河クルーズは予定通り、完了

2019年9月19日木曜日@カルカソンヌ~ルルド/9回目

カルカソンヌCarcassonneでミディ運河Canal du Midiのクルーズを楽しんでいます。

クルーズ船は2番目の閘門、ドゥース閘門Écluse de la Douceをいったん通り過ぎ、反転して、また、ドゥース閘門を逆方向に通り抜けて、出発地点のカルカソンヌの駅前に戻っていきます。
クルーズ船は運河の水面にほとんど波も立てずに滑るように走っていきます。後方にはまだ、ドゥース閘門がちらっと見えています。

2021020301.jpg



やがて、前方から船がやってきて、すれ違います。運河を往来する船はそう多くはありません。物資の輸送路としての水運の役目は既に終わって、ミディ運河は世界遺産としての観光資源になっています。

2021020302.jpg



運河沿いの道を散歩している男女もいます。犬を連れていますね。

2021020303.jpg



美しいミディ運河が続きます。

2021020304.jpg



往路で通り過ぎた瀟洒な建物、レーパンショワール・ド・フコーL'Epanchoir de Foucaudの前にクルーズ船が横付けになっています。このホテル兼レストランで小休止しているようです。

2021020305.jpg



みなさん、ここで美味しい郷土料理のランチでもいただくのでしょうか。クルーズ客や運河沿いを歩くハイキング客に人気のレストランですから、羨ましいですね。

2021020306.jpg



我々のクルーズ船はさっと横を通り過ぎて、運河を進んでいきます。

2021020307.jpg



この後、ミディ運河を20分ほど走り、カルカソンヌの駅前の船溜まりまで戻ってきました。

2021020308.jpg



船溜まりの先にはカルカソンヌ閘門Écluse de Carcassonneがあります。おりしもそこから一艘のクルーズ船が抜けてきます。

2021020309.jpg



このクルーズ船はクルーズを終えたようで、船溜まりの船着き場に停泊しようとしています。

2021020310.jpg



入れ替わりでこちらのクルーズ船が閘門に近づきます。

2021020311.jpg



横の船も一緒に閘門を通過するようです。

2021020312.jpg



最後の閘門通過です。

2021020313.jpg



左手にはカルカソンヌの駅舎が見えています。

2021020314.jpg



右手にはカルカソンヌの下町、バスティード・サン・ルイbastide saint Louisが始まっています。

2021020315.jpg



カルカソンヌ閘門を無事通過して、船着き場に到着。閘門も2つ通過(往復)して、運河ならでは体験ができました。出発して、きっちり2時間後の12時にクルーズが完了です。岸に上がると、ミディ運河クルーズの案内板が立っています。次のクルーズは午後2時のようです。

2021020316.jpg



クルーズ船は船着き場に停泊中。既にクルーズ客は一人も残っていません。船員さんが船の清掃にかかっています。

2021020317.jpg



次は下町バスティード・サン・ルイをぶらぶら散策します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR