fc2ブログ
 
  

ルルド駅は旅人に優しい駅

2019年9月19日木曜日@カルカソンヌ~ルルド/14回目

カルカソンヌCarcassonneから30分遅れのTGVでトゥールーズToulouseに行きましたが、予定していたアンタルシテIntercitésには乗り損ねました。1時間後のテーウーエルTERで何とか座席を確保して、今日の目的地のルルドLourdesに向かっています。ルルドの到着時刻は当初よりも1時間以上遅れて、7時半過ぎになりそうです。それでも夜9時のロウソク行列には間に合いそうです。
トゥールーズを出たTERは最初の駅、サン-アニュSaint-Agneを出たところですが、車内は超満員です。鉄道線路と並行している自動車道路も混雑しています。

2021020801.jpg



上下線とも渋滞していますね。フランスの地方都市でも通勤時のラッシュがあるんですね。

2021020802.jpg



次の駅に到着します。

2021020803.jpg



この駅、ミュレMuretでどっと乗客が降りていきます。

2021020804.jpg



かなりの人が降りて空席が出来ます。ここまでが、トゥールーズの生活圏なのでしょうね。

2021020805.jpg



ミュレ駅を出ると、農村風景が広がります。麦畑ですね。

2021020806.jpg



30分ほど走って、次の駅、ブッサン Boussensに到着。

2021020807.jpg



ブッサンを出ると、のんびりと田舎の景色が続きます。ポツンと立つ教会の姿が印象的です。

2021020808.jpg



次の駅はサン= ゴーダンス Saint-Gaudensです。ここまででトゥールーズからルルドまでの行程の半分ほどです。

2021020809.jpg



閑散としたホームを電車は出ていきます。

2021020810.jpg



モンレジョ Montréjeau、ラヌムザン Lannemezan、カプヴェルヌ Capvernの各駅を過ぎ、トゥルネ Tournayの駅に着きます。駅付近では、豚さんが放牧されています。

2021020811.jpg



最後の駅、タルブ Tarbesを過ぎて、ルルドに向かって、TERはひた走ります。

2021020812.jpg



空はうっすらと夕焼けに染まっています。

2021020813.jpg



夕焼けを見ながら、なんとか明るいうちに、ルルドに到着しそうです。

2021020814.jpg



ルルドに到着。ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2021020815.jpg



当然、この駅も、荷物を持って、階段を上がって下りるのだろうと覚悟してたら、それが違うんです。架線橋なんてなくて、線路をまたいて歩けます。ラッキー! 中途半端に大きな駅がいけないのですね。

2021020816.jpg



いやいや、このルルド駅も結構大きくて立派です。

2021020817.jpg



ただ、ホームの端が低くなっていて、線路を横断できるんです。ほかの駅もこの方式にすればいいのにね。

2021020818.jpg



駅を出て、駅前のホテルに向かいます。まだ、夜の8時前です。それほどの遅れにならずによかった!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR