fc2ブログ
 
  

コバケンのチャイコフスキーはますます好調・・・ 小林研一郎80歳記念チャイコフスキー交響曲チクルス@サントリーホール 2021.4.13

小林研一郎80歳(傘寿)記念&チャイコフスキー生誕180周年記念チャイコフスキー交響曲全曲チクルスの2回目です。

2021040701.jpg



今日演奏された2曲は1回目を上回る会心の演奏でした。80歳を超えた小林研一郎のチャイコフスキーは深い哀調に満ち、そして、熱く燃え上がる覇気に満ちたものでもあり、オーケストラを極限まで自在にドライブした素晴らしい演奏を聴かせてくれました。これほどまでに惹きこまれるチャイコフスキーを聴いたことはないと思うほどの最高の演奏でした。

まず、最初の交響曲第2番「小ロシア」ですが、題名通り、ロシアの民謡調のメロディーラインが明快に描き出され、メリハリのきいた演奏で全楽章、心地よく聴けました。とりわけ、第4楽章の盛り上がりは見事の一語です。

次の交響曲第5番は何とも凄い演奏でした。第1楽章の冒頭は仄暗い音調でロシアの凍てついた大地を思わせるように始まり、次第に嵐が吹き荒れるように高潮しつつ、暗い情念も見事に織り込まれます。このあたりも凄かったのですが、まだまだ、小手調べの段階でした。第2楽章はオーケストラの各パートをバランスよく響かせて、うっとりとするほどの美しさの極致です。もう、茫然として聴き入るのみです。小林研一郎、入神の指揮です。最高のチャイコフスキーの音楽を見事に描き出してくれました。その素晴らしい演奏は第3楽章にはいっても続きます。そして、間を置かずに第4楽章に入ります。ここに至って、小林研一郎の指揮は自在さを発揮して、ダイナミクスもテンポの揺れも思うがままです。日本フィルはぴったりと小林研一郎の棒に反応し、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。終盤のゲネラルパウゼもピタっと決まり、フィナーレに突入していきます。圧巻のコーダに深く感動しました。

小林研一郎の80歳のチャイコフスキー交響曲チクルスは期待以上の素晴らしさ。彼の音楽の総決算のようです。続く悲愴はさらなる高みに駆け上がる予感がします。


今日のプログラムは以下です。

  小林研一郎80歳(傘寿)記念&チャイコフスキー生誕180周年記念チャイコフスキー交響曲全曲チクルス

  指揮:小林研一郎
  管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団  コンサートマスター:木野 雅之

  チャイコフスキー:交響曲第2番 ハ短調 Op.17 「小ロシア」

   《休憩》

  チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64

   《アンコール》
    チャイコフスキー:交響曲第5番 から 第4楽章の終盤~コーダ

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のチャイコフスキーの交響曲第2番「小ロシア」は以下のCDを聴きました。

 エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ソヴィエト国立交響楽団 1990年 サントリーホール ライヴ録音

スヴェトラーノフのいわゆる東京ライブです。録音もよく、演奏も最高です。やはり、こういうロシアものはロシア人たちの演奏に限ります。といいながら、小林研一郎の80歳東京ライヴも凄まじい演奏が続いていますけどね。


2曲目のチャイコフスキーの交響曲第5番は以下のCDを聴きました。

 エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル 1960年11月9~10日 ウィーン、楽友協会大ホール セッション録音
 
これは定番中の定番。LPレコードの頃から、これまでに何度となく聴いてきた愛聴盤でもあります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR