fc2ブログ
 
  

イリーナ・ルングのいと優しき歌声の《ルチア》@新国立劇場 2021.4.21

先日のゲネプロで新国立劇場のプロダクションの完成度の高さを実感したので、今度はドニゼッティの名作オペラ《ルチア》に足を運んでみました。

結果、期待以上の素晴らしいオペラに大変、感銘を覚えました。何と言っても、このオペラに関しては、ルチアを歌うコロラトゥーラ・ソプラノの比重がとても高いです。ルチアを歌うロシアのソプラノ、イリーナ・ルングは初聴きです。写真を見る限り、大変な美貌ですが、歌唱力とは関係ありませんね。最初に登場した場面では、まあ、こんなものかと思って、聴き始めます。それほどインパクトのない感じです。声はピュアーで美しいですが、それほどではないと感じたんです。しかし、じっと聴いていると、その優しい歌声に次第に惹き込まれていきます。これまでは実演で3回聴いたグルベローヴァの強烈なルチアの印象が強かったのですが、イリーナ・ルングの等身大のルチアのさりげない女性の優しさと美しさもなかなかの聴きものです。さすがに狂乱の場での迫力は並み居るディーヴァたちには太刀打ちできませんが、それでも、十分なレベルの歌唱を聴かせてくれました。イリーナ・ルングのルチアを聴いたのがすべてと言ってもいい公演でした。

プロダクション全体で言えば、舞台の美しさが見事でした。スコットランドの厳しい波が寄せる海が効果的に取り込まれていました。こういうオペラはやはり、こういう美しい舞台装置がいいですね。意外だったのは主役の二人以外の日本人歌手たちのレベルの高さです。全然、違和感なく聴けます。というよりもエンリーコ役の須藤慎吾、アルトゥーロ役の又吉秀樹は極めて素晴らしい歌唱を聴かせてくれました。第2幕の6重唱も大変な迫力でした。saraiはほとんど、海外、あるいは海外の歌劇場の引っ越し公演でしか、オペラは聴いてこなかったのですが、先日のゲネプロと言い、今回の《ルチア》でも日本人歌手たちのオペラは思わぬレベルになっていたのですね。こうなると、真剣に新国立劇場の来シーズンを聴いてみることを検討しないといけないようです。いかんせん、料金が高めなのがネックですが、海外に行くことを考えれば、仕方がないかもしれません。

そうそう、一番期待していたのは、テノールのローレンス・ブラウンリーでしたが、もうひとつに思えました。それでも終幕でルチアの狂死を知った後のアリアは素晴らしかったです。胸にジーンときました。

指揮は何と女性のスペランツァ・スカップッチ。手堅い指揮できっちりと音楽を仕上げていました。


ちなみにこれまで実演で聴いたルチアでは、ドレスデンのゼンパーオパーでのグルベローヴァのコンサート形式をかぶりつきで聴いたのが最高でした。あの澄み切った声とテクニックは誰にも真似をできませんね。2008年のことです。


今日のキャストは以下です。

  【指 揮】スペランツァ・スカップッチ
  【演 出】ジャン=ルイ・グリンダ
  【美 術】リュディ・サブーンギ
  【衣 裳】ヨルゲ・ヤーラ
  【照 明】ローラン・カスタン


  【ルチア】イリーナ・ルング
  【エドガルド】ローレンス・ブラウンリー
  【エンリーコ】須藤慎吾
  【ライモンド】伊藤貴之
  【アルトゥーロ】又吉秀樹
  【アリーサ】小林由佳
  【ノルマンノ】菅野 敦

  【合 唱】新国立劇場合唱団
  【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

最後に予習について、まとめておきます。

  映像版:マルコ・アルミリアート指揮メトロポリタン歌劇場 2009年2月7日、メトロポリタン歌劇場 ライヴ収録
   アンナ・ネトレプコ(S)、ピョートル・ベチャワ(T)、マリウーシュ・クヴィエチェン(Br)

  ステレオ音声版:トゥリオ・セラフィン指揮フィルハーモニア管弦楽団・合唱団 1959年3月、ロンドン、キングズウェイ・ホール スタジオ録音
   マリア・カラス(S)、フェルッチョ・タリアヴィーニ(T)、ピエロ・カップッチッリ(Br)

  モノラル音声版:トゥリオ・セラフィン指揮フィレンツェ五月祭管弦楽団・合唱団 1953年1月29,30日、2月3,4,6日、フィレンツェ、テアトロ・コムナーレ セッション録音
   マリア・カラス(S)、ジュゼッペ・ディ・ステーファノ(T)、ティト・ゴッビ(Br)

ネトレプコのルチアは迫真の歌唱。映像付きならこれでしょう。カラスのルチアはまったくもって素晴らしい。とりわけ、1953年のモノラル版は絶唱です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR