fc2ブログ
 
  

ボルドーのワイナリーツアー:モノリス教会広場をぶらぶら

2019年9月22日日曜日@ボルドー~パリ/9回目

ボルドーBordeaux市内から1日ワイナリーツアーに出発しました。最初のワイナリーの訪問を終えて、サンテミリオン村Saint Emilionで2時間の休憩タイム中です。強い雨の中、サンテミリオンの聖なる中心、モノリス(一枚岩)教会Église Monolithe de Saint-Émilionの洞窟の中を見学しました。洞窟を出て、傘をさして、モノリス教会広場Place de L'Église Monolitheに立ち、さて、これから、どこに向かおうかなと迷っています。

2021060701.jpg



とりあえず、広場の先にある路地に向かいます。ワインショップがありますね。

2021060702.jpg



路地の入口で振り返ると、モノリス教会広場に面するお店が並んでいます。カフェやワインショップなどですね。

2021060703.jpg



路傍では葡萄の苗が無造作に並べられて、販売されています。

2021060704.jpg



どうやら、サンテミリオンの代表的な品種のメルロー種の葡萄のようです。ひとつ5ユーロは安いんでしょうか。残念ながら、買っても日本には持ち帰るわけにはいきません。

2021060705.jpg



路地の入口から眺めると、路地の先にはワインショップが並んでいるだけで、それほど気を引くものもなさそうです。

2021060706.jpg



路地の入口から引き返して、また、モノリス教会広場に戻ります。綺麗なワインショップがあります。既にサンテミリオンのワインはワイナリーで購入済なので、中を覗くのはやめます。

2021060707.jpg



お隣もワインショップです。さすがにワインの本場の村です。ワインショップが文字通り、軒を連ねています。

2021060708.jpg



そのお隣はブションです。フランス郷土料理のレストランですね。そろそろ、昼食をいただくレストランを探す時間です。もう少し名の知れたレストランを探しましょう。

2021060709.jpg



またまた、綺麗なワインショップです。

2021060710.jpg



広場からの路地を上っていきます。カドンヌ通りRue de la Cadeneです。雨に濡れて、とても滑りやすい石畳の道なので気を付けて歩いていきます。路地の先には石のアーチのカドンヌ門Porte et maison de la Cadeneも一部が見えています。

2021060711.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021060712.jpg



ここからはモノリス教会広場から離れたところを散策します。雨ですけどね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR