fc2ブログ
 
  

ボルドーのワイナリーツアー:シャトー・ラトゥールのシンボルの塔を見て、ツアーも完了

2019年9月22日日曜日@ボルドー~パリ/21回目

ボルドーBordeaux市内から1日ワイナリーツアーに出発しました。2つのワイナリー(サンテミリオン村Saint Emilion、メドック地区MédocのマルゴーMargaux村)の訪問を終え、最後に5大シャトーのフォトツアー中です。
まず、5大シャトーのシャトー・マルゴーChâteau Margauxの美しい館を眺めた後、今はメドック地区のポーイヤックPauillacにある5大シャトーのシャトー・ラトゥールChâteau Latourに来ています。
しかし、シャトー・ラトゥールの入り口はありますが、肝心のシャトー・ラトゥールの建物がどこにあるのか分かりません。
現在はシャトー・ラトゥールの入り口前から自動車道路沿いに少し移動したところにいます。
格付け2級シャトーのシャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドChateau Pichon Longueville Contesse de Lalandeの美しいお城のような建物を眺めています。

2021062801.jpg



道を挟んだ向かいにも似たような美しいシャトーの建物が見えます。シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンChateau Pichon Longueville Baronです。これも格付け2級シャトーです。

2021062802.jpg



シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの美しい建物を柵の間にカメラを差し込んで、撮影します。シャトーのオーナーが別荘として、1840年に建てたそうですが、シャトーのオーナーというのは考えられないくらいリッチな人たちなんですね。

2021062803.jpg



道を挟んだ向かいのシャトー・ピション・ロングヴィル・バロンも同系列のシャトーだけあって、似たような豪華で美しいお城です。

2021062804.jpg



さて、シャトー・ラトゥールの建物を探しましょう。また、シャトー・ラトゥールの入り口に戻ります。ワイナリーツアーのガイドの方がそこで記念写真を撮ってくれます。

2021062805.jpg



肝心のシャトー・ラトゥールの建物はこの入り口からずっと奥に見えるものだそうです。中に入れないので、遠くから眺めるしかありません。またまた、記念写真を撮ってもらいます。

2021062806.jpg



入り口の鉄柵の間にカメラを入れて、シャトー・ラトゥールの建物を撮影します。ワイン畑の奥に見える平たい建物です。シャトー・マルゴーのような華麗な建物ではありません。左には北の塔、サン・ランベールの塔La Tour en Saint-Lambert が見えています。シャトー・ラトゥールの象徴とも言える塔で、この塔がシャトーの名前の元になっています。現在の塔は17世紀に再建されたもので、最初の塔は14世紀後半に造られたサン・モベール塔La Tour en Saint-Maubertです。この古い塔がワインのボトルのラベルに描かれているものです。

2021062807.jpg



南のほうを眺めると、ワイン畑が遠くまで続き、その先にサン=ジュリアン=ベイシュヴェルSaint-Julien-Beychevelleの集落と教会が見えています。シャトー・ラトゥールはメドックのポーイヤック南東端に位置しており、その境界はサン・ジュリアンに接しています。ですから、こんなに近くにサン・ジュリアンの村が見えています。

2021062808.jpg



入り口から少し離れたところから、ワイン畑越しにシャトー・ラトゥールの建物とサン・ランベールの塔を眺めます。

2021062809.jpg



入り口には小さな建物が建っています。シャトー・ラトゥールのウェルカムセンターのようなものでしょうか。

2021062810.jpg



これでボルドーのワイナリー巡り1日ツアーは終了。午前中はともかく、午後は天気が回復したのが何よりでした。配偶者の晴れ女ぶりは不動です。
ボルドーのワイナリー巡りツアーはサンテミリオンとマルゴーの2つのシャトーを見学し、サンテミリオンの村を散策、5大シャトーのシャトー・マルゴーとシャトー・ラトゥールのフォトツアーと大変に充実したものでした。最後に地図でおおよその位置関係を確認しておきましょう。

2021062811.jpg



ボルドーのワインはジロンド川、ドルドーニョ川、ガロンヌ川の3つの川の賜物であることが分かりますね。

さあ、ボルドーの旧市街に戻りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR